Ng01

ラガミ ARAGOTO 第11話「黄泉返り」す。

今日は大阪です。いろいろ騒ぎがあって、放映が遅れるようですね。

『ノラガミ ARAGOTO』は、人気があったように思う『ノラガミ』の第二期です。1年以上経ってますから、当初からの変則2クールというわけではないと思います が、前作は続きを作れそうな終わり方ではあったような。うちのブログのアクセスですが、ここ最近多いですね。

さて、『ノラガミ』の原作は、月刊少年マガジンに連載されているマンガです。コミックスで読んでいます。内容的には、一応伝奇物という感じになるのでしょうか?

原作のあだちとかさんは、この『ノラガミ』の前に連載していた『アライブ-最終進化的少年-』がアニメ化発表の後、突如として中止になった経緯があるので、ようやく念願かなってという感じでしょうか。ちなみに、あだちとかさんは、女性ですね。

まぁ、女性の描く少年マンガということで、特徴としては綺麗な絵とちょっと痛みのあるストーリーが特徴です。

ちなみに、第一期の感想はここを前に

先週のエピソードは、夜トと恵比寿が黄泉から脱出しようとあがく展開がメインでした。出口が全てふさがれていたため、結果として、風穴を開けて脱出しようということになりましたが、夜トは取り残されてしまいました。

そして、それと並行してひよりちゃんが、夜トを思い出すところが描かれました。そこがどうつながってくるかは、おそらくは今週ですね。

ということで、ノラガミ ARAGOTO 第11話「黄泉返り」感想行きます。

あらすじを公式から引用しておきます。ちなみに、原作は既読ですので、ネタバレしないように注意はしますが、ぽろっと書いてしまう可能性があります。

あらすじ:公式から引用)できず

Ng02_2

感想:

ということで、ノラガミ ARAGOTO 第11話「黄泉返り」です。劇伴の騒動があったためか、放映が遅れているようですね。

今週も恵比寿編の続きですね。ただ、恵比寿編というよりも、黄泉編って言ったほうがいいような展開ですね。あまり恵比寿が主体的に活躍しないためもありますけれど、夜トと野良、とと様の関係の方にスポットがあたっているように見えないからでしょう。

さて、今週のサブタイトルは「黄泉返り」ですが、これは「蘇り」の語源と言われている言葉ですね。死者の世界である黄泉から帰る、現世、此岸(しがん)に返ることから蘇りになった感じですね。黄泉からもどるのならば、夜トはイザナギノミコトなのか、その穢れなのかってかんじです。

確かに今週の主題はそこにあるように見えましたが、結果としては夜トと毘沙門天との関係の修復ともいえるように思えます。毘沙門天と夜トとの関係は、改善されるんでしょうかね。それからすると、今回の恵比寿編は毘沙門編から継続している感じですね。陸巴の登場とか、先の夜トと毘沙門天との関係とか。やはり、ぽっと出の恵比寿よりも毘沙門の方が付き合いが長いので、どうしてもそちらに目が行くといいますか。

それをいうならば、小福ちゃんですか。今週は大活躍でした。かっこいいですね~。

さて、今のままでは八方ふさがりって感じですが、恵比寿が目を覚まして、どう状況が改善されるんでしょうか。やはりひよりちゃんがキーになるようですけれど。