Kr03

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第10話「運命の幻影」です。

いや、今週は今までに増してめちゃくちゃ面白いんですけれど。今年のアニメの中でもトップクラスで面白かった気が。

『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』ですが、“監督・水島精二×脚本・會川 昇×アニメーション制作・ボンズ”という組み合わせに惹かれて見始めました。かなり面白いと思うんですけれど、視聴者を選びそうな気もします。

内容的には、今までのアニメや特撮のオマージュてんこ盛りというところみたいで、それらを「超人」と定義してその存在についての秩序維持ということを目的として活動する「超人課」という厚生省の外郭団体を中心に描くという感じなんでしょうか。

「レボルティオ」はrevolutionのラテン語じゃないかと思うので、革命的な行動が絡んでくるのでしょうか。

お話しは、第三週までは、カットバックを交えながら、現在の時系列から過去を見るという感じで「超人課」のあり方を中心に描かれました。ただそれは どうも舞台背景を描くためという感じで、徐々に爾朗が敵に廻っている現在に近づいてきている感じなんですかね?

先週の第9話は、御大・辻 真先大先生を脚本に迎えての『サザエさん』ネタでした。ついに神化44年に突入という感じでしょうか。

もう一つ、神化44年の末には課長の姿がないとか、ジャガーさんがどうも今までの様子と違うとか、気になる点がありました。その辺りの説明があるんでしょうか?

ということで、コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第10話「運命の幻影」感想行きます。

あらすじを公式から引用しておきます。前日譚『超人幻想 神化三六年』を読みましたが、恐らくは、このアニメには影響ないはず?

あらすじ:公式から引用

政治家から凶悪犯まで、悪と独自認定した者を容赦なく抹殺していく狂信的団体インフェルナル・クイーン。

その科学万能母艦IQ号が南北アメリカ大陸から超人課のいる日本へと飛来し、犯罪者を処刑し始めた。

そのIQのリーダーと同じ姿をした兵馬に嫌疑がかかり、仮面の公共保安部長・赤光が超人課に乗りこんでくる。

同一人物が同時に存在しているのか? 謎の影にはジャガーこと兵馬の、他人と決して分かちあえない秘密が隠されていた。

Kr02

感想:

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 第10話「運命の幻影」です。

最初に、ちょっと先週の補足です。早川書房の雑誌「SFマガジン」で、この『コンクリート・レボルティオ』の特集をやっています。それを読むと、先週のお話しでなぜ辻 真先大先生が担当されているのかとかがわかりますので、興味がある方はどうぞ。

なぜ、「SFマガジン」で特集かというと、ハヤカワJA文庫で前日譚『超人幻想 神化三六年』が出版されているからですね。

それはさておき、今週は先週のエピソードを受けて、ジャガーさんに焦点をあてたものでした。先週を受けたというか、先週ジャガーさんがどうも今までと違うぞというと見えたからですね。

ということで、もうとにかく面白かったです。SFでは王道のいわゆるタイムパラドックスネタなんですが、こういう解決があるんだという感じで、個人的に非常に盛り上がりました。

お話しとしては、ジャガーさんがどういう人間で、なぜここに来て何をしようとしているかですね。

最近のタイムループものとかでは、並行世界とか時間を巻き戻すとかが多いです。それだと、タイムパラドックスを解決しやすいんですね。それとは違い、今回のジャガーさんは、どうやらドラえもん時空のようです。時間軸は一本で、そこを行き来するために、同じ人が同じ時間帯に存在したりします。そうすると、タイムパラドックスが生じることになります。そのパラドックスの解決方法として、時間軸側が自分で解決するということですね。今回、輝子ちゃんは、それを使って、ジャガーさんを救ったわけですね。ここは新しかったと思います。

こういうギミックに弱い人間なので、めちゃ感動しました。Cパートの終わり方も、「女か虎か」ではないですが、非常に凝った終わり方で良かったです。

さて、今回のオマージュですが、最初の立てこもり事件は金嬉老事件事件でしょうか?43年4月だと2ヶ月ほどずれていますが、ダイナマイトでの武装や、暴力団の言葉からしてマッチする感じです。

ジャガーさんのタイムパトロールは、当然あれですね。『スーパージェッター』。ただ、これは、以前からいわれていること。30世紀が25世紀になっていますけれどね。

ジャガーさんが設立した「IQ(インフェルナル・クイーン)」ですが、これは恐らくはマイティジャックですか。秘密組織Qですね。違うかな?あの乗り物は、ピブリダーの位置づけですかね。

そして、「赤光」ですか。これは先週の予想でも書きましたが、『忍者部隊月光』ですね。自分も子供のころ真似をしたらしいですが、記憶がございません。手裏剣の飛ばし方が違うかな?

ということで、ますます面白いんですが、ちょっと昔に戻ったということで、きちんと終わるのか気になってきました。全13話は公式サイトで告知されているので、きちんと決着がつくんですよね?