Cr01

コメット・ルシファー #10「深淵の祭壇」です。

今週は、『コンクリート・レボルティオ』がメチャメチャ面白かったので、そちらの感想を書きたいということで、こちらの感想はさっさと進めます。

『コメット・ルシファー』は、PVを見た時点では、オリジナルのSF冒険ファンタジーという感じで一番期待していたのですが、ちょっと予想と違ったかなぁと思います。そろそろ終盤なんですが、ちょっと盛り返すのは難しそうです。

そもそも、このアニメを見ようと考えたのは、PVを見たからです。いや映像も悪くないんですけれど、fhánaさんのOP、TRUEのイメソンが非常に良い感じだったのですね。音楽に惹かれた感じです。いや元々fhánaさんは好きなんですけれどね。

ただ、実際のOP、EDは、このPVやCMのやつとはちょっと違ったようです。そちらの方がよかったのになぁ。

ということで、先週の第九話は、ソウゴとド・モンの関係について整理して決着を付けると同時に、行政軍がフェリアちゃんを捕まえにやってくるという展開でした。どちらにも、ド・モンが関係はしているのですが。

そして、ド・モンが倒れてというところで今週です。

ということで、コメット・ルシファー 第10話「深淵の祭壇」感想行きます。

オリジナルですが、あまり事前情報は仕入れていません。あらすじは省略かあとがきということで。

あらすじ:公式から引用

着々と、『深淵の祭壇』に近づくソウゴやフェリアたち。その道中、フェリアはソウゴの何気ない優しさにドキドキしてしまう。そうこうしているうちに、遂に 祭壇に辿り着く一同。皆が見守る中、始まるフェリアの力を補うための儀式。順調に進んでいたかと思いきや、次の瞬間、皆の目に信じられない光景が飛び込ん できて…!

Cr02

感想:

ということで、コメット・ルシファー 第10話「深淵の祭壇」です。

今週、ようやく「深淵の祭壇」に到着しました。ただ、今までも、「深淵の祭壇」へと向かっていたのですが、それがどうなっているのかよく分からない状態でした。

という感じで、この「コメット・ルシファー」は、お話しとしてひねったところはあまりないと思うのですが、非常に分かりにくい感じです。今までも書いていますが、お話しのポイントが散らばっていてまとまりがないというか。

ずっと冒険物語りだといいながら、そういう冒険物語りには全く見えないというのも問題だと思います。今は、「深淵の祭壇」へと向かう冒険の段階だと思うのですが、その歩みがどうなっているのか全然わからないですし、ド・モンや行政軍の動きから考えても矛盾しています。

いっそ、その冒険物語りというのを取り下げて、フェリアちゃんを巡るSFファンタジーだといえば良いのにという感じです。こういう展開になってくると、ちょっと劣化版『エウレカ・セブン』的な感じもします。

ロボットの戦闘シーンは、それなりにカッコイイと思うので、勿体ない気がします。とくに、今週からは、フェリアちゃんの機体も登場しましたし。

まぁ、そいう愚痴は置いておいて、タイトルからすると彗星と悪魔が関係することになるので、今後はフェリアちゃんが天使だとみえながらも、実は悪魔的な位置づけだということになるのかなという気がしています。

http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-1325.html