Img_0066_2

東京女子流*羽村にぎわい音楽祭2015

今日は特に用事もなかったので、無料イベント「東京女子流*羽村にぎわい音楽祭2015」に出かけてきました。いや元々行こうかなと思っていたんですが、ちょっと遠いのかなということで悩んでいました。体調も今一つだったので。

ただ、事前のタイムスケジュールで、ライブが30分あるということがわかったことと、天気が良かったことと、案外移動に時間が掛からないことがわかったので、出かけてきました。

主な参加者はこんな感じですね。

LIFriends、山猿、フラチナリズム、Brand New Vibe、朝日奈央、古坂大魔王&夏江紘実

ところで、この「羽村にぎわい音楽祭」ですが、羽村駅東口西口商店街の人々が一丸となり、店もお客様も楽しめるようなイベントを開催をするということで行われるイベントということです。元々羽村市の"はむら応援隊長"であるLIFriendsが中心になって、メジャーアーチストを呼んでイベントを実施するというものらしいです。今年で二回目ですね。

参加してみた感じは、手作り感があって、非常に楽しかったというものです。

ということで、感想をまとめておきたいと思います。

セトリとかを書いておきます。

◆羽村にぎわい音楽祭2015

日時:11/29(日) 14:45

場所:JR青梅線「羽村」駅西口前 特設ステージ

[セットリスト]

1.Never ever (TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix) (TGS50)

2.鼓動の秘密 (TGS04)

3.Don't Be Cruel (TGS14)

MC ご挨拶。アルバムが出ますので、その中から新曲を一曲やります。

4.純白の約束  (TGS52)

5.Get The Star (TGSナンバーなし)

6.A New Departure (TGS45)

MC 告知だよめいてぃん。羽村のイベントのお礼。

[感想]

「羽村にぎわい音楽祭」は、先に書きました通り、手作り感は満載でしたが、音響とか手を抜きたくない部分はしっかりと作り込んである、なかなか良いイベントでした。天気も良く、屋外ステージとしては最高でした。

司会も、LIFriendsのSHUNKUNさんとフラチナリズムのモリさんという出演者自ら行うというものでしたが、違和感なく非常に楽しかったです。もちろん皆さんの演奏も素晴らしく楽しかったです。

というか、LIFriendsとフラチナリズムそしてBrand New Vibeは、それぞれ羽村市、八王子市、町田市の応援団として活躍するグループとしてどうやら仲が良いらしく、またそれぞれちょっとコメディー色のあるグループということで、MCも上手で息も合っていたからでしょう。

東京女子流の出演は、三番目というか、オープニングアクトの古坂大魔王&夏江紘実さんがいらっしゃったので四番目でした。まぁ、古坂さんも含めて場のコントロール、盛り上げが上手い面子の後での登場だったので、どうなるのかなということと、やはり先のグループのファンの女の子たちが多いということで、アウェイになるんではと心配して見ていました。

確かにMCはいつも通りというかいつもより失敗していましたが(苦笑)、ライブパフォーマンスはなかなか素晴らしく、最近は4人でのパフォーマンスにも慣れてきて、かなり波に乗っている感じがします。

セトリは、冒頭のNever everリミックスを除けば、女子流の曲の中でもかなり癖のない曲が選ばれているように思います。たぶん、場の雰囲気を引っ張り込むために最初の曲はそうしたんでしょう。そして、その後の曲は、未夢ちゃんも言っていましたが多分に女の子向けということを意識したもののような感じがします。これが女子流だ!という感じがどちらを向くのかは、次のニューアルバムを聞かないとわかりませんが、今後はこういう方向になるのかもしれません。

自分は、例によってセンター前方に行ってしまったので、どうも周りがアスタライトっぽい感じで、こういうイベントで拾いたい新規の感想を聞けなかったのですが、ネットで見てみると、どうやらそれなりに好感触だったように見えます。良かった~。

ただ、擦れた古参(?)アスタライトからすると、ちょっと物足りない感じがしたのは、多分贅沢でしょうね。好きな曲がセトリに入らなかったからでしょう。

ツイキャスで見た、夜イベント「LOUNGE NEO13th Anniversary " 家 - Yeah - "」のセトリの方が好みだったかも。(いや曲数の問題かもね)

どちらにしても、今日もひーちゃんに指をさしてもらったので満足です。(本当か?)