Um01

うたわれるもの 偽りの仮面 第7話「幼き皇女」です。

『うたわれるもの 偽りの仮面』ですが、四週目まではうちのブログの秋アニメ感想では、アクセスがトップだったのですが、先々週はトップから落ちてしまいました。ただ、先週は盛り返してトップだったですが。

さて、元々人気があって有名だった『うたわれるもの』の続編なのですが、前作からの続きではないということでした。ただ、実際は『うたわれるもの』 三部作の第二部という噂もききますので、前作を見ておかないといけなかったのかなという気もしています。なので、ちょっと旧作をみています。まぁ、世界が 同一ということだけは確かなようですが。

先週の第六は、クオンちゃんの家族のお話しでした。コメントでたくさんの方々に色々ご解説をいただきましたが、今後の伏線というかんじなのでしょう。楽しみにしておくことにします。

さて、お風呂アニメと言われつつありますが、今週もお風呂はあるのでしょうか。

ということで、うたわれるもの 偽りの仮面 第7話「幼き皇女」感想行きます。

前作(『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』)は8話まで見ました。ゲームは、やっていません。あらすじは、公式から引用します。

あらすじ:公式から引用

ヤマトを統治するミカドは民から絶対の支持を受けていた。そのミカドの娘である皇女アンジュの生誕を祝う祭りが近づいていた。

そんな日、白楼閣に珍客が訪れる。思うがまま我がままに振舞う幼い少女にクオンの目が冷たく輝いた。

Um02

感想:

ということで、うたわれるもの 偽りの仮面 第7話「幼き皇女」です。

今週は、またまた新しいキャラクタが登場ですか。皇女アンジュですね。ただ、今週だけ見ていると、皇女アンジュ自体がメインではなくって、彼女を含めたミカドの周りについてがポイントなんでしょう。ヤマトという国自体といいますか。

ラスト付近の映像を見ますと、ヤマト八柱将が何かポイントのように思えますが。「影光のウォシス」って、なんだか同人のセンセイっぽい感じもしますが、まだよく分からないですね。

それにしても、ベタですが、今週の腐の連鎖はなかなか面白かったです。特に、ルルティエちゃんが良かったです。ルルティエちゃんも結構好きかもしれない。でも、ココポはどうしたのでしょうか?

ただ、先週のお話しからすると、クオンちゃんもお姫様ということになるのでしょうか。それならば、オシュトルが知っていて当然という気がするので、その辺りになにかあるのでしょう。

ということで、そろそろきな臭くなってくるのかな?あ、今週はお風呂がなかったか。