Wg01

わかば*ガール 13葉「普通の女の子」です。

さて、今週も8分アニメ『わかば*ガール』のお時間がやってまいりました。ただ、いよいよ今週で最終回なんですよね。寂しい限りです。しかし、最後もサブタイトルキャプチャは失敗ですね。

この『わかば*ガール』は、『きんいろモザイク』の原作者である原 悠衣さんが『まんがタイムきららMAX』で発表した作品です。すでに完結していますので、実は『きんいろモザイク』よりも古い作品と言えるかもしれません。

ちなみにアニメ版『きんいろモザイク』の感想はこちら

ただ、個人的には『きんいろモザイク』よりも、この『わかば*ガール』の方が内容的には面白いと思っていますし、絵柄もこのころの方が好きなので、結構お気に入りの作品だったりします。

さて、先週の振り返りですが、先週は久々に原作付きに戻ってきました。ただ、結構オリジナル要素も加えられていたように思えました。ポイント的には、若葉ちゃんがクラスのみんなになじんで、これからも一緒のクラスでいたいと思ったところでしょうか。それだけ思いが強いために、今週への引きが効いてきているという感じです。

どちらにしても最終回です。8分アニメでどういう終幕を見せてくれるのか、ちょっと楽しみです。

では、わかば*ガール 第13話「普通の女の子」感想行きます。

原作は既読です。コミックスは、枕元のすぐ読み直しが可能なコーナーに置いてあります。出張が多いので最近読めていないですが。というか、もう一ヶ月以上帰っていないのですね。

Wg02

感想:

わかば*ガール 十三葉「普通の女の子」の感想です。

いよいよ最終回ですが、原作の最終回を消化せずに残していましたので、当然今週はそれをやるのだとわかっていました。

ただ、原作を読んだことがない方でも、先週の引っ越しネタの前振りから、今週のオチはわかっていらしたのではないかと思います。

まぁ、『わかば*ガール』というアニメ自体がそれほど派手なものでもありませんし、時間も8分ですから、こういうラストが合っているようにも思います。なかなか、ほんわかして良かったのではないかと思います。

特にラストが、第1話につながっているように見せた部分が良かったように思います。若葉ちゃんの微笑みが良かったですね。

アニメとしては、原作に上手くオリジナルを絡めて、なかなか楽しめました。

さて、秋アニメにも、こういうほんわか枠の楽しいアニメがあるといいのですが。あ、秋アニメの予定を決めないと・・・。