Ct02

Charlotte -シャーロット- 第12話「束」です。

いよいよ終盤の展開となってきた『Charlotte -シャーロット-』です。いよいよ大詰めが近づいてきましたが、広げた風呂敷を見事畳むことができるのでしょうか。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第11話は、起承転結の「転」的な展開だった気がしますが、いきなり過ぎた気がしました。今までは科学者たちを敵と定義付けていましたが、それをテロ集団としておけば良かっただけな気がします。それだけで上手くまとまったと思いますが。

ただそれよりも、有宇が、収集した能力を使ってテロリストに立ち向かって破れ去るというのが新しいポイントだったりしますか。タイムリープ能力を失った有宇たちは、この事態をどう収拾するのかが「結」になるのでしょうか?

ということで、Charlotte -シャーロット- 第12話「約束」感想行きます。

Keyのアニメとしては、『AIR』、『CLANNAD』、『Angel Beats!』辺りを見ています。

あらすじ:(公式から引用

怪我をし入院している有宇のお見舞いに訪れる生徒会の仲間達や歩未。
その中には、友利の姿もあった。

友利との会話の中で、有宇はひとつの決断を下す。

Ct01

感想:

Charlotte -シャーロット- Episode12「約束」感想です。

先に書きましたように、先週急展開でテロリストたちが闊歩する世界になっていることがわかりました。そのテロリストたちと闘うために、熊耳は倒れ、有宇はタイムリープ能力を失いました。

今週は、この後に及んでのゆさりん回いや、先週を受けて有宇が再び、いや三度立ち上がるお話でした。ようやく、このアニメが何をやりたかったのかがわかってきた感じです。世界の改変と救済ですか。

でも、これってまるっと『魔法少女まどかマギカ』ですよね?

タイムリープ能力を使うところ、一人のスーパー能力者が世界を救済しようとするところ。全体のストーリーとしては、圧倒的に『魔法少女まどかマギカ』の方が洗練されていますけれど、あちらは魔法という非公開の秘密が前提なので、世界に壁を作りやすいという利点があったのも確かです。『Charlotte -シャーロット-』は、その魔法を超能力に置き替えて現実世界に近い分だけ、どうしても無理が出やすいのかと。

それにしても、やはり科学者集団との齟齬の部分については、決着を付けておいて欲しかったなぁ。

さて、有宇の能力がなくなるまでは後2年ですか。世界のテロリストたちは、18歳までという期限のある能力者を得て、何をしようとしているのでしょうか。科学者による分析と活用、展開という感じでしょうか。それならば、まず日本のワクチンを狙いそうなものだという気もしますけれどね。

ということで、次週は最終回。有宇は、間に合うのでしょうか?

色々いちゃもんを付けましたが、有宇と友利ちゃんの関係の部分は、結構良かったと思います。好きです。