Wg01

WORKING!!! 11品目「愛と追憶のなにか」です。

『WORKING!!!』も第十一話です。個人的には、この夏一番安心して楽しもうという作品です。特にここ最近忙しくて非常にしんどいので、寝る前にちょっと見て楽しみたいと思います。

『WORKING!!』のシリーズもこれで3期目ですが、一番最初は2010年です。それから2011年に二期があって、そして5年目の今年に3期と非常に息の長いアニメです。ただ、原作も完結したので、もうラストですね。

今までの感想は、このカテゴリを遡って下さい

人気シリーズの3期目ですが、先に書きましたように原作も一先ず完結しているので、アニメも終わりに向けて舵を切っているように思えます。色々とまとめてきている感じもしますが、先週はこのシリーズでずっと謎だった小鳥遊家のお母さんは誰という部分が描かれました。

かたなしくんのお母さんが政治家だったというのは、今までもあったような気がしますが、登場するのは初めてですよね。あ、女装の場面で、後ろ姿かナニカはあったかもしれません。

ただ、登場して何かが変わるというものでもなく、なんとなくかたなしくんの背中をちょんと押したって感じだったでしょうか。

ということで、WORKING!!! 第11話「愛と追憶のなにか」感想行きます。

原作は既読です。全巻持ってます。アニメも今まで見てきています。感想も完走しています。(笑)

あらすじ:(公式から引用

八千代を変えてやれるのかと杏子に聞かれ、いよいよ腹をくくった佐藤。一方の八千代は、偶然佐藤がワグナリアを辞めるということを聞いてしまい、種島に相談するが…?

Wg02

感想:

WORKING!!! 11品目「愛と追憶のなにか」です。

今更ながらですが、サブタイトルについて気付きました。いや、前からちょっと気づいていたような気がするのですが、きちんと考えていなかったという感じですか。つまり、サブタイトルは、映画のタイトルのパロディだったんですね。「愛と追憶の~」ですと、「愛と追憶の日々」が有名です。先週の「その女シズカ」は「その女アレックス」でしょうか。まだ公開されていない気もしますが。

まぁ、それは置いておいて、今週はついに佐藤くんと八千代さんの間にある程度決着がつくという展開でした。いや、ある程度ではなく完全決着ですか。それでも、佐藤くんは胃痛のままですが。

今週は、もうこれでもかというぐらいに、二人のエピソードが描かれました。そして、それに絡める感じで、店長が成長した姿も描かれました。店長も、いつまでも昔のままでなく、いやひょっとして昔からああいう人物だったのかもしれませんが、しっかりとした人間になっていたように見えます。

こうなると、残りはかたなしくんとまひるちゃんの関係だけになりますね。残りあと1話か2話かはわかりませんが、無事決着するんでしょうか。あとお母さんとの関係も残っていますよね。

http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1465.html