Sg01

戦姫絶唱シンフォギアGX 第10話「こんなにも、残酷だけど」です。

『戦姫絶唱シンフォギアGX』ももう10話です。相変わらず仕事は忙しいですが、隙を見て書くことにします。アニメ自体は、相変わらず展開が早いジェットコースターアニメで、先を読ませない感じです。

さて、三期目と言うことですが、少女たちがシンフォギアシステムという武器を纏い戦う戦闘アニメという『戦姫絶唱シンフォギア』の基本だけ抑えてお けば大丈夫という感じでしょうか。あ、戦いの中で歌うことで能力を発揮し、最も能力を高める歌を「絶唱」と呼ぶということも重要ですね。

『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズも無印→G→GXと三期目すが、この三期は、さすがに登場人物が増えてきているためか、結構以前のエピソードを前提にしている部分が増えてきたように思えます。

先週は、キャロルちゃん復活と翼さんの過去という感じのエピソードでした。ただ重心は、翼さんの方だったかも。それでも、メインの潮流は、キャロルちゃん復活かな?

その他のポイントとしては、響ちゃんのお父さんなんでしょうけれど、あまり本編に絡んできそうにもないのが逆に気になります。

そんな感じで進んできたと思っていたら、ラストにまぁどんでん返し、というほどでもなくて予想はできましたが、あの方が登場しました。そこに全部もって行かれた気がしますね。

ということで、戦姫絶唱シンフォギアGX 第10話「こんなにも、残酷だけど」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていませんが、一期、二期と感想を書いています。今までの感想は、ここを前に辿って下さい。

あらすじ:公式から引用)(次回予告から引用)

危惧しつつ、 だが、 仕込まれていたのは即効性の毒。
発症は早くとも、 気づくまでに時間を要し、 手遅れの段となる。
仕込んだ者はほくそ笑むが、 果たして毒はそこだけか。

成れなくても、してくれる―― それは簡単だけど遠い答え。
奪うばかりでない、 大切なモノをくれたのもこの世界だから。

Sg02

感想:

戦姫絶唱シンフォギアGX 第10話「こんなにも、残酷だけど」です。

今週は、サブタイトルの「こんなにも、残酷だけど」に沿った感じで、半分ぐらいの種明かしがされました。いや種明かしと言っても、今まで視聴者に隠していたとは思えませんが。その部分は、視聴者に見たままだったんだよと説明すると同時に、登場人物には実はと明かすという感じでしょうか。

何を言っているかと言うと、エルフナインちゃんのことです。

ただ、キャロルちゃんが語った「同じホムンクルス」という言葉が気になります。つまり、お父さんとの記憶は、キャロルちゃんでもエルフナインちゃんとの物でもなくて、単にバックアップからリストアされたものだというところでしょう。

普通に考えると、エルフナインちゃんが言うようにお父さんは、破滅など願っておらず、そんなお父さんにむごい仕打ちをした世界を滅亡させようとキャロルちゃんは考えているというところでしょうか。

ならば、本物の記憶の持ち主はどうしたというところですけれどね。

一方、ヤントラ・サルヴァスパが壊れて、チフォージュシャトー完成のもくろみは消えたわけですが、恐らくそこをウェル博士がか、ウェル博士を利用してか分かりませんが、穴埋めするんだと思われます。

あ、今週はクリスちゃんの回でした。多分。抜剣して大丈夫だったのでしょうか?