6ky01

六花の勇者 第九話「疑惑の蕾」です。

アニメ『六花の勇者』ですが、面白く見てはいるのですけれど、どうしても感想書く曜日が一定にできません。今週は火曜日です。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。 ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもありま す。

展開のペースとしては、今週の第九話で、恐らく第一巻の終盤に入るという感じです。このペースで行くと、一巻だけで1クールを使い切ろうという感じですね。

先週の第八話では、アドレッドとハンスが戦って、二人がひとまず分かり合うという展開でした。さらには、ハンスはアドレッドの仲間になって一緒に行動するということになりました。

そして、その二人がぶつかったのがチャモでした。それでも、あのチャモの技がどうしても強く思えないんですよねぇ。

今週は、その闘いの続きからです。

ということで、六花の勇者 第9話「疑惑の蕾」感想行きます。

原作は4巻まで既読です。感想は、あらすじを省略した簡易形式で行きます。

6ky02

感想:

六花の勇者 第九話「疑惑の蕾」の感想です。

今週は、サブタイトル通りに色々な疑惑が巻き上がって、ぶつかりあったという感じでした。今までどおりアドレッドを疑うモーラ、アドレッドを疑うか迷うフレミー、ナッシェタニア姫はハンスを疑い、ハンスはナッシェタニア姫を?という感じでした。

そんな中、分かり合えたのがアドレッドとフレミーでしょうか。いやまだ分からないですか。

一方、アドレッドとハンスの間の絆(?)も深まった感じですね。ハンスは背中を蹴飛ばされましたが、アドレッドとの協力の元チャモに勝利しましたし。

さて、いよいよ終盤に差しかかって、謎解きが始まりました。ハンスが認めたアドレッドの謎解きですが、フレミーには一蹴されました。ただ、指摘されたのは、霧を発生させる聖者はふたりいないというか、同時に同じ結界を作れないということですね。それだけならば、まだわからはないという気もしますが。

とにかく、謎解きのポイントは、絞られてきた感じがしますが、それができるのはというか、それが意味するのはという感じですね。