6ky01_2

六花の勇者 第八話「凡人と天才」です。

アニメ『六花の勇者』ですが、面白く見てはいるのですけれど、どうしても感想書く曜日が一定にできません。今週は月曜日です。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。 ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもありま す。

展開のペースとしては、先週の第七話まで終わって、まだ第一巻の後半に入ったところです。このペースで行くと、一巻だけで1クールを使い切ろうという感じですね。

先週の第七話では、フレミーを人質にして逃げ出したアドレッドの二人が凶魔というか魔神と戦う決意をした理由を語り合う展開でした。フレミーとアドレッドは、分かり合えたのでしょうか?

そして、フレミーが戻った六花の勇者たちは、分かれてアドレッドを追い詰めるという展開になりました。

ナッシェタニア姫は、ハンスを怪しんでいるようですけれど、そのハンスはアドレッドと邂逅するという展開になりました。最強は天才を乗り越えられるのかという感じですか。

ということで、六花の勇者 第8話「凡人と天才」感想行きます。

原作は4巻まで既読です。感想は、あらすじを省略した簡易形式で行きます。

6ky02

感想:

六花の勇者 第八話「凡人と天才」の感想です。

今週のサブタイトルは、「凡人と天才」です。この二人は、凡人がアドレッドで、天才がハンスでしょうね。アドレッドとハンスが戦って、二人がひとまず分かり合うというところが、今週の展開だったかと。

それが、前半ですね。どうも六花の勇者の中でも、ハンスは、なんだかいいやつという感じです。天才といいつつも、何となくそれなりに理論立てて考えているところも、暗殺者というよりも、なんだかいいやつという印象を与えますよね。

そして、一度分かり合ってしまうと、きちんと仲間として行動するのは、ハンスもアドレッドも同様ですか。

一方、そういう理屈が通らなそうなのが、後半のメインになっていたチャモですね。いや、あの技は汚いですよ。原作では、もっと凶魔っぽいものを吐き出す印象だったのですが、さすがにそれですとテレビアニメではやれないのか、かなり綺麗な映像になっていました。でも、あの凶魔だと、あまり強そうに見えないですね。

そしてもう一つのポイントが、ナッシェタニア姫たちの行動ですか。まだ、ハンスを疑っているようですが、その理由が良く分かりません。やみくもにアドレッドを信用しているように見えますが、なんだか気になりますね。

そしてもう一つ、アドレッドとハンスが結界発動の理由を探るべく、神殿を調査しました。やはり、その辺りの謎を解かないと、疑いを張らすことができないですよね。

さてさて。