Wg01

わかば*ガール 7葉「もしかしてスナイパー」です。

さて、今週も8分アニメ『わかば*ガール』のお時間がやってまいりました。今週も忙しくて死にそうですが、一先ず感想を書いておきます。他のものはともかく、短いから書きやすいので。ただ、今週のキャプチャも失敗だな。

この『わかば*ガール』は、『きんいろモザイク』の原作者である原 悠衣さんが『まんがタイムきららMAX』で発表した作品です。すでに完結していますので、実は『きんいろモザイク』よりも古い作品と言えるかもしれません。

ちなみにアニメ版『きんいろモザイク』の感想はこちら

ただ、個人的には『きんいろモザイク』よりも、この『わかば*ガール』の方が内容的には面白いと思っていますし、絵柄もこのころの方が好きなので、結構お気に入りの作品だったりします。

さて、先週の振り返りですが、今週もまぁ特にありません。

いや、先週は、水着回でした。原作が手元にないのであれですが、先週の内容自体は原作に沿った感じだったのではなかったかと。

ただ、ラストの門限ネタについてはオリジナルだったように思います。恐らくは、今週に繋げて、今週がオリジナルストーリーになるんでしょうね。

では、わかば*ガール 第7話「もしかしてスナイパー」感想行きます。

原作は既読です。コミックスは、枕元のすぐ読み直しが可能なコーナーに置いてあります。(笑)

Wg02

感想:

わかば*ガール 7葉「もしかしてスナイパー」の感想です。

今週は、完全にオリジナルだったように思います。ラストというか、Cパートの浮き輪部分が原作通りだったように思うので、原作の先週のラストが、今週のラストだったんでしょうね。

さて、今週は、お祭り回でした。いや、本編としては、お祭りになる前の三人娘が、若葉ちゃんの門限を伸ばしてもらうために、家を訪問する部分だったように思えます。初めて、きちんとしたお友達ができたということですかね。

お姉さんの優しそうな表情が良かったです。

あと、お祭りシーンもなかなか良かったと思います。色々と、今までのネタを転がしていましたが、上手く嵌っていたように思います。お札部分とか。

ただ花火は、あんな椅子まであって見晴らしが良い場所が空いているわけないでしょ?っていう気がしましたが。それでも、絵も綺麗だったし、なかなか良かったと思います。

さて、次週は、また原作に戻るのでしょうか?