Wg01

わかば*ガール 6葉「布の面積が小さすぎます」です。

さて、今週も8分アニメ『わかば*ガール』のお時間がやってまいりました。今週は、もう忙しくて死にそうですが、一先ず感想を書いておきます。他のものはともかく、短いから書きやすいので。ただ、このキャプチャは失敗だな。

この『わかば*ガール』は、『きんいろモザイク』の原作者である原 悠衣さんが『まんがタイムきららMAX』で発表した作品です。すでに完結していますので、実は『きんいろモザイク』よりも古い作品と言えるかもしれません。

ちなみにアニメ版『きんいろモザイク』の感想はこちら

ただ、個人的には『きんいろモザイク』よりも、この『わかば*ガール』の方が内容的には面白いと思っていますし、絵柄もこのころの方が好きなので、結構お気に入りの作品だったりします。

さて、先週の振り返りですが、今週もまぁ特にありません。

いや、先週は、真魚ちゃん回でした。原作の登場場面を削られたりして、ちょっとアニメでは不憫だった真魚ちゃんでしたが、先週は活躍できました。

というか、真魚ちゃんが若葉ちゃんとのボケ合いに負けて、ボケキャラを奪われるという感じかもしれません。いや、天然ボケと意識したボケキャラという違いはありそうで、どちらもどっちという感じですけれど。

では、わかば*ガール 第6話「布の面積が小さすぎます」感想行きます。

作は既読です。コミックスは、枕元のすぐ読み直しが可能なコーナーに置いてあります。(笑)

Wg02

感想:

わかば*ガール 6葉「布の面積が小さすぎます」の感想です。

今週もほぼ原作通りという感じですね。と書きかけましたが、ずっと出張で、手元に原作なくって、確認できていないのでした。記憶だと、そんな感じだったのではないかと。

さて、今週は、水着回でした。水着は、それぞれのキャラクターにあった感じで良かったです。ただ、若葉ちゃんが、ちょっと大人っぽ過ぎる感じもしますけれど。まぁ、セレブっぽい水着ではありますけれど。

それにしても、今週は本当に8分あったのかいという感じで、速かったですねぇ。実際のプールのシーンが少なかったためもあるのでしょうけれど。時間的には、前振りと、門限の話題のシーンの方が長かった気もします。

ところで、今週のラスト、電燈が灯るシーン綺麗で良かったのですが、夏に街灯があんなに光って見える時間って、7時頃ではないでしょうか?

それにしても、今週は全般に絵も綺麗だったし、良かったと思います。