Wg01

わかば*ガール 5葉「お嬢様はずるい」です。

さて、今週も8分アニメ『わかば*ガール』のお時間がやってまいりました。今週は、リアルタイムで見れませんでしたが、もう習慣としてこちらの感想を先に書いておくことにします。短いから書きやすいのですかね。

この『わかば*ガール』は、『きんいろモザイク』の原作者である原 悠衣さんが『まんがタイムきららMAX』で発表した作品です。すでに完結していますので、実は『きんいろモザイク』よりも古い作品と言えるかもしれません。

ちなみにアニメ版『きんいろモザイク』の感想はこちら

ただ、個人的には『きんいろモザイク』よりも、この『わかば*ガール』の方が内容的には面白いと思っていますし、絵柄もこのころの方が好きなので、結構お気に入りの作品だったりします。

さて、先週の振り返りですが、今週もまぁ特にありません。

いや、先週は、クラスメイト4人が、登場当初よりも仲よくなりましたというかんじでしょうか。

というか、萌ちゃんの家に行きましたので、ひとまずは彼女が中心だったのでしょうかね。まぁ、そういいつつも、やっぱり惚け役は、若葉ちゃんなんでしょうけれど。

では、わかば*ガール 第5話「お嬢様はずるい」感想行きます。

原作は既読です。コミックスは、枕元のすぐ読み直しが可能なコーナーに置いてあります。(笑)

Wg02

感想:

わかば*ガール 5葉「お嬢様はずるい」の感想です。

今週もほぼ原作通りという感じですね。とい書きかけましたが、ラストのオチが原作とは違っていました。原作の方が面白い気もしますけれど、若葉ちゃんを活かそうと思うと、こちらの方がよいかもしれません。

さて、今週は、予想通りに真魚ちゃん回でした。ただ真魚ちゃんだと、元気ボケキャラだからか、ちょっと雰囲気が変わりますね。それはそれでいいのですが、その真魚ちゃんが若葉ちゃんを前にすると、ツッコミキャラにならざるを得ないのが面白いですね。

というか、それだけ若葉ちゃんがボケキャラキングってことでしょうか。『きんモザ』の忍ちゃんという感じ?

ところで、もうそろそろ原作でも終盤なのですけれど、よくよく考えると原作足らないのでは?今後どうするんでしょうね。コミックスになっていない原作があるんでしたっけ?

意表をついて、『きんモザ』コラボなんてやってくれると嬉しいのですけれど。