6y01

六花の勇者 第三話「六花殺しの少女」です。

土曜日放映のアニメ『六花の勇者』ですが、感想は月曜日に書くことにしています。どうやら、アニメ自体もじっくりタイプのようなので、感想もじっくりということで。

さて、『六花の勇者』は集英社/「ダッシュエックス文庫」のラノベが原作の復活しようとする魔神を倒す闘いを描く、異世界ファンタジーになります。ただ、ちょっと異質なのは、そこにミステリっぽい要素が加わっていることでしょう。

公式ページのトップに書かれているので、隠す必要はないと思いますが、集まった勇者の中に偽物が居て、それが誰かを追うという物語でもあります。

先週の第二話も、一話同様に原作で行くと30~40頁分でしたか。このペースで行くと、1クールは2巻分ぐらいになるのでしょうか?ちょっと原作的には、切りが悪いかも。

先週の第二話では、主人公アドレットとナッシェタニア姫が、いよいよ凶魔との対決に向かう展開でした。二人して旅に出たわけです。そして、凶魔と出会い初陣を勝利で飾りました。

そんな展開だったのですが、このアニメのメインはバトルだけというわけではないので、二人の旅の合間に、二人の新しい六花と出会いました。ただし、アドレットとナッシェタニア姫が離れ離れになったあとで、そしてその新しい六花フレミーが「六花殺し」であると、ゴルドフから告げられます。

今週は、フレミーの正体あたりがポイントになるのでしょうか。

ということで、六花の勇者 第3話「六花殺しの少女」感想行きます。

原作は4巻まで既読です。感想は、あらすじを省略した簡易形式で行きます。

6y02

感想:

六花の勇者 第三話「六花殺しの少女」の感想です。

「六花殺し」が誰かと言うことは、先週の段階で既にゴルドフから告げられていて、視聴者はそれが分かっています。知らないのは、アドレットだけという展開ではありますが、実際にはナッシェタニア姫もアドレッドがフレミーに同行しているということは知らない訳ですよね。

そのため、ナッシェタニア姫からはお花畑のセリフが吐かれ、どんどんとゴルドフのアドレットについての心象が悪化していくのが笑えます。

それにしても、アドレッド、ナッシェタニア姫の能力を信頼していますが、経験値が足りないのでかなり苦戦していますよね。そんな姫を放っておいて心配にはならないのでしょうか。(苦笑)

さて、今週で魔神と「六花の勇者」の戦いと言うものが、結構明らかになった感じです。魔哭領の範囲内に凶魔や魔神を封じ込め、そこで魔神を撃つという感じでしょうか。今回の戦いでは、その封じ込めのために霧幻結界というものを使うということですか。過去二度はどうしていたのかは分かりませんが。

ということで、アドレッドとフレミーとの関係作りと、色々と舞台の説明が今週の内容だった気がします。

そして、ついに再びアドレッドとナッシェタニア姫が合流するわけですが、見た目からナッシェタニア姫には、フレミーが「六花殺し」だと一目瞭然だった感じです。

ということで、次週はいよいよ「六花の勇者」が集合ですか。ようやくテーマが明確になる感じですね、きっと。

ところで、今週は、少し作画の質が下がった感じです。頑張って欲しいですね。