Sggx01

戦姫絶唱シンフォギアGX 第3話 「装者たちの黄昏です。

しまった、先週の感想サブタイトルが二期のままだった。一気前のをコピーして元にしているのがばれてしまいますね。修正しておきました。(汗)ということで、『戦姫絶唱シンフォギアGX』です。

三期目と言うことですが、少女たちがシンフォギアシステムという武器を纏い戦う戦闘アニメという『戦姫絶唱シンフォギア』の基本だけ抑えておけば大 丈夫という感じでしょうか。あ、戦いの中で歌うことで能力を発揮し、最も能力を高める歌を「絶唱」と呼ぶということも重要ですね。

『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズも無印→G→GXと三期目すが、第一話だけを見ると今までと関係ないのかもと思っていました。二話も見てもその気持ちはあまり変わらないのですけれど、ノイズが出てきたことで、ちょっと何かありそうという気にはなってきました。

今のところ、キャロルちゃんが敵のラスボスっぽい感じがしますが、何が目的なのかがまだハッキリしないのでよく分かりません。ひとまず、よく分からないエルフナインを除けば、他の敵はオートマタとノイズという感じですので、まだ何か登場するんでしょう。

ということで、戦姫絶唱シンフォギアG 第X 第3話 「装者たちの黄昏」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていませんが、一期、二期と感想を書いています。今までの感想は、ここを前に辿って下さい。

あらすじ:公式から引用)(次回予告から引用)

駆け抜けた先に明日があると、疑わなかった昨日の自分。
今日の胸に、力と想いは屹度ある。無いのは繋ぐ手段だけ。
匣の蓋が開かれるまで、その身を削って火花を散らす。

Sggx02

感想:

戦姫絶唱シンフォギアGX 第3話 「装者たちの黄昏」です。

何もかもを赤い塵へと分解するアルカ・ノイズによって破壊されたシンフォギアシステム。果たして、シンフォギア装者たちは何を思うという感じのタイトルでしょうか?

いや、これは、翼さんとクリスちゃんの想いですね。響ちゃんは能力を闘いではなく、人を守る力として使いたい、調ちゃん、切歌ちゃんは、「LiNKER」なしでシンフォギアをうまく扱えないこと、そしてマリアさんはその今の立場について悩むという感じでしょうか。

当面の敵であるキャロルちゃんの目的が、世界の破壊であり、それが錬金術をベースにした理論で進められようとしていることがわかったという感じでしょうか。それは、二話でもわかっていたけれど、エルフナインちゃんの言葉で、S.O.N.G.側に伝わったという感じでしょうか。

当面のテーマは、シンフォギアのコンバーターを破壊され櫻井理論の裏打ちもないS.O.N.G.側がどうやって戦うかでしょうか。響ちゃんは、友達を襲われて覚醒するパターンに見えますが、そう簡単なものなんでしょうか。

恐らくは、「ドヴェルグ=ダインの遺産」から切っ掛けを掴む展開でしょうけれど。

さて、今週もなかなかテンポ良く、途中で謎のビーフストロガノフの歌を鋏ながら進みましたが、作画は大丈夫でした。海外外注っぽいですが、結構いい感じで来ているので、このまま進んで行って欲しいところです。

しかし、調ちゃんにもバンク作ってあげて欲しかったなぁ。(苦笑)