Ch01

Charlotte -シャーロット- 第2話「絶望の律」です。

第1話はおおむね好評だったようですが、いつものように美少女ゲーム系に拒否反応のある方にはちょっと引かれ気味だったような気がする『Charlotte -シャーロット-』です。

Keyの麻枝准さんの原作・脚本、Na-Gaさんがキャラクター原案、アニメーション制作がP.A.WORKSということで、『Angel Beats!』スタッフですね。それもあって、かなり期待されている感じです。

第1話は、主人公たちの特殊な能力がクローズアップされながら、主人公の鬼畜っぷりが面白く描かれたというイメージでしょうか。なかなか、面白かったと思いますが、妹ちゃんをどう判断して良いかが難しいです。

それよりも、主人公たちの家族がいないとか、彼らの能力には、どこか欠陥があるとか、負の演出が気になってしまうのは、Keyアニメだと身構えてしまっているからでしょうか?

今週は、能力についてのもう少し突っ込んだ説明がありそうな気がします。

ということで、Charlotte -シャーロット- 第2話「絶望の旋律」感想行きます。

Keyのアニメとしては、『AIR』、『CLANNAD』、『Angel Beats!』辺りを見ています。

あらすじ:(公式から引用

不本意ながらも生徒会と行動を共にし、特殊能力者の確保に奔走する有宇。

そんな中、危険な目に合いながらも生徒会の責務を果たそうとする友利の過去が明らかとなる。 それは、特殊能力を持つ者の過酷な運命だった。

Ch02

感想:

Charlotte -シャーロット- Episode2「絶望の旋律」感想です。

第二話になりましたが、相変わらず絵は素晴らしく綺麗ですね。ちょっと好みはあるでしょうけれど、人物も可愛いですし。どうしても、有宇がルルーシュに見えるというのはありますけれど。ポーズも含めてでしょうね。

さて、今週からオープニングとエンディングが付きました。Liaさんと多田さんということで、いつものKeyっぽい感じですか。今のところ、それ以上でもそれ以下でもないという感じでしょう。どちらかと言うとエンディングの方が好きかな?

それにしても、オープニングは伏線がバリバリかと思っていたのですけれど、今週で結構出ちゃいましたね。兄の部分とか、風景とか。分からないのは、あの赤い水のカットバックでしょうか?あと、友利ちゃんが聞いている音楽プレイヤーも意味ありげに挿入されているので気になりますが、あれはお兄さんのバンドの音楽を聞いているんでしょうね。それに、どういう意味があるのかないのかは分かりませんが。

で、今週は良くあるKey展開で、第2話で鬱エピソードが挿入されました。いつも思うんですけれど、こういう展開にするのなら、余計なコメディシーンをあんなに入れなければいいのにって感じがします。

さて、その鬱展開ですが、良くわからない強大な権力を持った科学集団に友利ちゃんのお兄さんが壊されたわけですが、今後はSF展開ということは、この科学集団との対立がポイントになるんでしょうか。友利ちゃんの協力者もそんな強大な力から守りきるわけですからどれほどのものか気になりますが、何となく実は同じ組織かもと思ったり。いや、学校の制服が違うか。

今週のポイントとしては、友利ちゃんの家もどうやら片親で、あの弓道部の部長さんの家も家庭に問題がありそうということで、有宇も含めてその辺りに鍵がありそうなことでしょうか。不完全な能力=不完全な家庭とか。

あと、妹ちゃんには恐らく能力があるのでしょうけれど、やはり彗星が何か関係するんですかね。彗星を見たいが地球に衝突するように因果律を変更するような能力とか。(適当)