Hy01

響け!ユーフォニアム 第12回「わたしのユーフォニアム」です。

『響け!ユーフォニアム』のうちのブログでのアクセス数は、回を追うたびにますます増えている感じですが、円盤の売上はどうなんでしょうか。噂では、6,500枚とのことなので、上手くいけば2期を作れるかんじでしょうか。京アニなので、原価を考えるとラインは高いと思いますが、海外に持っていくと面白いかも。

さて、以前から書いていますけれど、うちはリアルタイムで高校吹奏楽部家族なので、特にこのアニメに思い入れがあったりします。うちでも、コンクールに向けて、朝練、延長練習という感じですが、よく考えるとコンクールないときでもそんな感じかも。

先週は、オーディション結果を受け紛糾する吹奏楽部の様子が描かれました。というか、優子ちゃんの想いと香織先輩の想い、そして麗奈ちゃんの想いがぶつかってという感じでしょうか。

それぞれの想いは、微妙にずれてはいますが、トランペットに対してのまっすぐなキモチは変わらない感じではあります。そういう意味でも、熱い気持ちが伝わってきてなかなか面白かったです。

もう一つは、演奏シーンですか。特に、トランペットの音の違いが明確になるような上手い演奏が興味深かったです。ただ、これからは、ソロではなくて合奏なのでそこがどうなるかですね。

ということで、響け!ユーフォニアム 第12話「わたしのユーフォニアム」感想行きます。

原作は、小説を4巻まで読みました。3巻までがひとセットという感じがしますが、アニメは恐らく1巻終了まででしょうか。4巻は5月25日発売の短編集ですが、小説の公式サイトに載っていたお話がかなり含まれてますね。

あらすじ:公式から引用

コンクールまであと少し。
そんな時期に合奏でいきなり違うパートのフレーズを吹くよう言われた久美子。
しかし、その部分は難しくてなかなか上手く吹くことができない。
休憩もせずに練習する久美子だったが……。

Hy02

感想:

響け!ユーフォニアム 第十二回「わたしのユーフォニアム」です。最終回のようなサブタイトルですね。

ということは置いておいて、今週は面白かったです。個人的には、今までで一番面白かったのではないかという気がしています。

面白かった理由としては、やはり久美子ちゃんが理由でしょうか。今までは主人公のはずの久美子ちゃんが、そのどこか冷めたような性格もあって物語りに主体的に絡んでこなかったのですが、今週はまさに久美子ちゃん自身の事件という感じで物語りが展開されました。

原因としては、久美子ちゃん自身が言っているのですが、先週の再オーディションでの麗奈ちゃんの演奏を見聞きして、自分がもっとうまくなりたいという欲が出てきたからでしょう。そのため、どんどんと、前のめりに突き進んで行ってましたから。

ただ、そこは今まで成り行きで楽器に関わってきていたこともあって、大きな壁にぶつかりました。壁にぶつかる部分が部の中でもレベルが上だと思われる久美子ちゃんとしては、ちょっと安易かなと思われましたが、滝先生の求めているレベルがそもそも高いのですよね。

そして、感心したのが、中学のときの麗奈ちゃんが泣くシーンにここで繋げたことです。原作とは違う展開ですが、どちらかというと淡々と展開する原作よりも、ここまでのアニメの展開はありだと思います。その集大成という感じもしました。

あと、今週よかったのは、演奏シーンが豊富だったことです。やはり、合奏シーンがあると、絵だけでなく音でも刺激を受けるので、気分的に盛り上がります。

ただ、全体に秀一が出すぎというのは、ちょっとありますが。特に「うまくなりたい」の部分は、秀一がいない方がよかったかな?

ということで、次週はいよいよコンクールですね。府大会です。

ところで、ちらちらと意味ありげにみぞれ先輩が写りますが、二期への伏線ですかね。

http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2015/06/eupho-12.html