Fsn01

トラックバックが弾かれるのをブロックするために、日本語文をはさみます。Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #23「顕現」です。

Fateもいよいよ大詰めが近付いていますか。

分割2クールの後半戦です。自分はFateシリーズの少しはファンっぽいのですが、アニメの感想としては今回のFate/stay night [Unlimited Blade Works]が初めてになります。Zeroはちょっと書いてたかも。

今回の『Fate/stay night』は、"Unlimited Blade Works"で、ゲームでの遠坂凛ルートを示ます。原作にはこれと本線であるテレビ第1期のセイバールート以外に、もう一つ間桐桜ルー ト"Heaven's Feel"があります。HFはどうやら新劇場版になるらしいです。

先週の第2クールの第11話、#22は、士郎と凛ちゃんがギルガメッシュとの最終決戦に向かう準備をするという感じでした。魔力供給を増して固有結界を維持するというところですね。

というか、やっぱり原作でもそうだったのですが、ちょっと間延びするというかそんな感じですね。その語りの多さ理屈っぽさが魅力でもあるのですが、やはり週をまたぐテレビアニメ放映だと、工夫が欲しいところ。ディスクで見るにはいいんでしょうけれど。

そして、今週からは、ギルガメッシュとの最終決戦でしょうか。ただ、実はあの人がまだ残っているんですねぇ。

では、Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第23話(2クール第11話)「顕現」感想行きます。

原作ゲームは、PC版で攻略済みです。セイバールートのスマホ版は無料公開中ですね。過去のFateシリーズテレビアニメは、「プリズマイリヤ」以外は見てるはずです。イリヤは、つまみ喰いで見て完走していません。

あらすじ:公式から引用

顕現した聖杯のもとへ辿り着いた士郎と凛の前に立ちはだかるギルガメッシュ。時を同じくして、セイバーは、山門で待ち構えていたアサシンと対峙する。

七人の魔術師と七人の英霊それぞれの思いを呑み込み、聖杯戦争は終結を迎えようとしていた――。

Fsn02

感想:

ということで、Fate/stay night [UBW] #23「顕現」です。

ギルガメッシュとの最終決戦が始まりました。というか、本来はギルガメッシュと戦うことがメインではなくて、慎二の救出と聖杯の破壊を目指すということですね。

しかし、大方の人は覚えていてどうなったんだって思っていた、あの人がまだ居ました。山門の番人といいますか、仕留め損なっていたいたあの人といいますか。UBWが凛ちゃんルートで、セイバーがこのルートのメインではないといっても、やっぱりここに来て彼の登場というのは、格下感があるように思います。

それと並行してというか、本来そちらがメインなんでしょうけれど、士郎はギルガメッシュと対決しました。ギルガメッシュの「王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)」に立ち向かうということで投影を連発しましたが、あれですと迎え撃つしかできないですよね。時間稼ぎ。

凛ちゃんが慎二を救出するまでですが、そこでどうやって聖杯を破壊するのか。その目的を考えれば、本来はギルガメッシュが言うように慎二を殺してしまうのが早いんでしょうけれど。

そう考えると、この状況を打開する方法が見当たらないですね。そして、ギルガメッシュは、乖離剣エアまで持ち出しましたし。

士郎の能力では、乖離剣エアを投影することができないようなので、これを迎え撃つ方法も、今週の状況では見当たりません。さて、追い詰められた士郎たちは、どう対応するのでしょうか。

個人的には、慎二を放り出せなんて思ってしまうのですが、それをしないのが士郎なんですよね。

http://blog.livedoor.jp/ahusahum/archives/33677185.html
http://amaebi1988.blog.fc2.com/blog-entry-1111.html