Rnv01

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;10 「勝利のために!」です。

『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第10話です。どうやら、分割2クール放映は確定らしいです。そうでなければ終わらないですよね、たぶん。そうすると、第二クールはいつ来るんでしょうか?

さて、Vividは、StrikerSよりも後のお話しです。その後がForceですよね。「なのはシリーズ」の本流ではなくて、いわゆるスピンオフ作品です。

それよりも、A'sと StrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作って欲しいですけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週は、いよいよインターミドル・チャンピオンシップの本選の開始でした。この「インターミドル・チャンピオンシップ」がこの『魔法少女リリカルなのはViVid』のメインエピソードです。

魔法を使った天下一武道会ですが、試合の状況・判定がデジタルに表示されるので、やはり最近のアニメって感じですよね。

ということで、本選の火蓋が切って落とされたのですが、先週のチーム・ナカジマの面々は、ほとんどオマケ状態でした。メインは、ミウラちゃんでしょうかね。あと、チャンピオンの紹介ですか。本当は、シャンテとルーテシアちゃんも、先週の枠に含めておきたいところなんでしょうけれど、収まりきらなかった感じですか。あれ、ルーテシアちゃん試合に出るって言ってたっけ?

魔法少女リリカルなのはViVid 第10話 「勝利のために!」感想です。

シリーズは、アニメ版、映画版、マンガ版、CDドラマは、ほぼ完遂していると思います。ゲームは、やっていません。ネタバレには、気を付けます。

あらすじ:公式から引用

ミウラがミカヤを破り、ヴィヴィオ達ルーキーファイターが次々と勝ち上がるコトで大いに盛り上がるインターミドル。次の戦いは、聖王教会のシスター・シャンテVS雷帝ヴィクトーリア。

分身と幻術を駆使したシャンテは、圧倒的な魔力と実力を持つヴィクトーリアに大善戦する。

一方、コロナはアインハルトとの同門対決を前にして、秘策を胸にノーヴェと特訓するのだった。

感想:

Rnv02

魔法少女リリカルなのはViVid 第十話 「勝利のために!」です。

本戦は、実況がある分盛り上がると言いますか、実況がある分興醒めという感じもしますが、まぁどっちもどっちですね。

Aパートは、結構長々と尺を採って見せ過ぎ姉ちゃんのシャンテの試合をやりましたが、ここはもっと削っても良かったんではないかなって感じです。原作よりも少し削ってはいる感じはありましたが、やはりメインはチーム・ナカジマの面々、それもヴィヴィオちゃんとアインハルトちゃんですよね。

この先を知っているのであまり色々言えませんが、少なくともシャンテは雷帝の強さを見せるための咬ませ犬的な存在ですから、分身パターンは二つで良かったかと。というのも、先週もチーム・ナカジマの試合はほとんどスルーだったので、ちょっとバランスが悪いと感じてしまうのですね。

まぁ、スタッフも分かっているので、コロナちゃんの練習を上手く挟んでいたんだと思うのですが。

さて、そうこうしている間に、コロナちゃんとアインハルトちゃんの試合が始まりました。自分的には、結構コロナちゃんが好きなので頑張ってほしいのですが、どうでしょうか、普通に考えると勝ち目はなさそうですよね。でも、コロナちゃんの方が、正当ななのはの流れをくむ魔法少女って感じで、どうしてもそちらを応援したくなりますよね。

原作では、結構熱い戦いになりましたので、結構期待してもいいかと。というか、このクールでの山場かな?(いや、本当はヴィヴィオちゃんの試合が山場でしょうが)