Mrn01

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;09 「インターミドル・チャンピオンシップ」です。

『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第9話です。どうやら、分割2クール放映は確定らしいです。第二クールは、いつ来るんでしょうか?

さて、Vividは、StrikerSよりも後のお話しです。その後がForceですよね。シリーズのいわゆるスピンオフ作品です。

それよりも、A'sと StrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作って欲しいですけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週は、いよいよインターミドル・チャンピオンシップの選考会でした。この「インターミドル・チャンピオンシップ」がこの『魔法少女リリカルなのはViVid』のメインエピソードです。

まぁ、いつも茶化していますが、結局、魔法を使った天下一武道会をやるということになりますが、どうも『StrikerS』ぐらいから、魔術が関係あるように見えないんですよね。初期のころのように、もう少し魔法魔法した内容でやっていただけると、気分ももう少し盛り上がるのですけれど。

ということで、先週は触り程度でしたが、今週からはよいよインターミドル・チャンピオンシップ本戦開始ということで、闘いの火蓋が切って落とされるという感じなんでしょう。

魔法少女リリカルなのはViVid 第9話 「インターミドル・チャンピオンシップ」感想です。

シリーズは、アニメ版、映画版、マンガ版、CDドラマは、ほぼ完遂していると思います。ゲームは、やっていません。ネタバレには、気を付けます。

あらすじ:公式から引用

ついに始まった、インターミドル・チャンピオンシップの予選大会。初戦は全体会の上位入賞者がぶつかるプライムマッチ。

ハリーとエルスの大激戦によって幕が上がった。そしてヴィヴィオ達も、無事に予選1回戦を突破する。

Mrn02

感想:

魔法少女リリカルなのはViVid 第九話 「インターミドル・チャンピオンシップ」です。

先週までの選考会と違って、本戦ということで明らかにメンバーの温度が違いますねといいたいところですが、ヴィヴィオちゃんたちの描写が減ってしまったので、そこの盛り上がりを感じることはあまりできなかったです。

それは置いておいて、この流れは原作通りではあります。ただ、試合の順番は入れ代わっていました。もちろん、ヴィヴィオちゃんたち絡みのメンバーを重視するということで、ミウラちゃん重視で後ろに回されたのですね。

全体としては、原作のコミックの方がもう少し盛り上がったような感じがしますが、ミウラちゃんの試合は、それなりに良かったと思います。やっぱり集束系魔法(ブレイカー)があるからですかね。

といいつつも、前もいいましたけれど、集束系魔法の集束部分の画像表現が今一つ気に入らないなぁ。まぁ、今回はスターライトでない分まだいいけれど。

それにしても、ミカヤさんもベルカ式ですか。ちょっと、ベルカ式多すぎですよね。当初の設定を忘れているんではないかと心配になります。

ということですが、各人が無事一回戦を通過しましたが、シャンテとルーテシアちゃんがまだですか。

そして、二回戦からはいよいよつぶし合いの開始ですね。