Rnv01

魔法少女リリカルなのはViVid Memory;08 「ライバル!」です。

『魔法少女リリカルなのはViVid』ももう第8話です。どうやら、2クール放映は確定らしいですが、連続ではなくて分割2クールということのようです。

さて、Vividは、StrikerSよりも後のお話しです。その後がForceですよね。シリーズのいわゆるスピンオフ作品です。

それよりも、A'sと StrikerSの間が見たいので『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 3rd Reflection』を早く作って欲しいですけれど、ひとまず待ちましょう。

ちなみに、今までの『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の感想はここ

先週も先々週に引き続いて、旧シリーズからのファンへのサービス回でした。

今まで、「魔法少女」と言いながらも、ずっと格闘戦ばかりだったので、ここらで模擬戦をやることで魔砲戦も交えて、旧ファンをつなぎとめようという感じでSLB合戦とかが挟まれました。それはそれで楽しいのですが、メインはちょっと違いますからね。

ストーリーのメインは、後半にあったインターミドル・チャンピオンシップでしょう。格闘と、こういうバトルを考えると、やはりなのはシリーズのスピンオフと考えるべきなんでしょうね。

今週は、インターミドル・チャンピオンシップがいよいよ始まるようです。

魔法少女リリカルなのはViVid 第8話 「ライバル!」感想です。

シリーズは、アニメ版、映画版、マンガ版、CDドラマは、ほぼ完遂していると思います。ゲームは、やっていません。ネタバレには、気を付けます。

あらすじ:公式から引用

インターミドル・チャンピオンシップの選考会に向けて動き出す面々。

アインハルトは、はやて、リイン、アギトによって作られた専用のインテリジェントデバイス『ティオ』を手に入れる。ヴィヴィオ、コロナ、リオも、選考会を前に弱点を克服すべくノーヴェ、オットー、ディードたちと個別に特訓。

そして、新たなライバル、ミウラや、前大会の上位入賞者たちの待つ選考会に臨むのだった。

Rnv02

感想:

魔法少女リリカルなのはViVid 第八話 「ライバル!」です。

今週は、インターミドル・チャンピオンシップの選考会開始ということで、いよいよ物語が動き出したという感じでしょうか。ここまで長かった。

お話は、悪くなかったと思います。お話の向かう道が見えたので、色々楽しめたという感じでしょう。すごく面白かったかと言われると、選考会が始まったばかりなので、そこまではという感じですけれど。

絵は、なんだか凄く綺麗な部分とそうでない部分が極端ですね。

一番きれいだったのは、ヴィヴィオちゃんのお風呂だというのは間違いないですが。綺麗だけでなく、ぬるぬる動いてましたし。

あと、変身バンク。まぁ主人公の一人アインハルトちゃんがデバイスを入手した回なので、そこは手間かけて当然ですか。

バトルシーンは、今までも一貫してさほど悪くないので、このままでいいのではないでしょうか。あとは、日常的なシーンですよね。はやてちゃんたちヴォルケンリッターのシーンというか、はやてちゃんをもっとよく描いてほしいなぁ。元々はやてちゃん他のキャラと目のバランスが違うっぽいので、難しいとは思いますが。

それにしても、選考会、デバイスを持ち込まないのだと、いよいよ「魔法少女リリカルなのは」ではなくなりますね。本当に天下一武闘会。(苦笑)

でも、それだと武器は使えないか。