Hp01

放課後のプレアデス 第6話「目覚めの花」です。

毎週自分の中での評価が上がっている気がする『放課後のプレアデス』です。先週も今までに続いて、なかなか面白かったです。この調子で進んでほしいですね。

『放課後のプレアデス』は、一度Webアニメという形で公開され、そのころはWebアニメというものも、自動車会社のスバルと、GAINAXが共同制作というのも珍しくて、話題になったのを覚えています。

当時のアニメは4話構成でしたが、まだYoutubeで見ることができます

さて、先週は、いつきちゃんにスポットがあたる回でした。

第1話がすばるちゃん、第2話があおいちゃん、第3話が全体のバックボーンのお話ときて、第4話がひかるちゃん、そして、先週がいつきちゃんでした。

お話自体は第4話の方が良かったように思いましたが、まぁいつきちゃん可愛かったので全然問題なかったです。絵は、相変わらずすごく綺麗ですしね。

お話し的には、ひかるちゃんの回と同様に、それぞれのメンバーのアイデンティティの確率といったような内容で、いつきちゃんの内面が垣間見れました。

今週は、ななこちゃんかと思いきや、ちょっと違うようですね。

ということで、放課後のプレアデス 第6話 「目覚めの花」感想行きます。

ということで、このアニメの感想は、あらすじを省略した簡易感想で行きます。Webアニメ版は見ています。

感想:(公式はここ)

Hp02

先週、先々週は、本筋というよりも、キャラクターにスポットをあてたようなお話しでした。全体として、登場キャラクターが自分を見つめるようなお話しになっていくのかなと思っていたのですが、今週は突然本筋に戻ってきました。

結局、第1話でエンジンのカケラとか、宇宙船とか、その辺りがバタバタと説明されましたが、恐らくは見ている視聴者側は、なんとなくわかったようなわからないようなで見ているのではと思います。

その辺りを整理する感じかなと思ったのですが、いきなり内容的には、Webアニメ版の第4話最終回の内容になっていました。ビックリです。

いや、『魔法少女まどかマギカ』のような設定について説明されたので、いちおう整理されたんでしょうけれど。

学校の後者が宇宙に行って、角マントと対決して、すばるちゃんがあおいちゃんをかばってという感じで展開しました。結構、そのままですね。ただ、戦闘シーンなどの派手さはWebアニメ版の方が派手ですかね。それでも、見ていて最終回か?というような感じでは見れました。

それでも、ラストの花のシーンは、そのままですよね。

さて、あの花ですが、みなとの服の上に置いてありました。そして、あのセリフ。想像するに、みんなプレアデス星人なんじゃないかなという気がしますがどうでしょう。

次週は、どうなんでしょう、ななこちゃんのエピソードになるんですかねと思ったら、すばる×あおいちゃんっぽいですね。