Yka01

ユリ熊嵐 EPISODE 11「私たちの望むことは」です。

がうがう、『ユリ熊嵐』もいよいよ第十一話です。このペースですと全12話ですね。ラスト前だというのに、ウィルス性腸炎とかで、ダウンして感想が遅れましたが。

ちなみに『輪るピングドラム』の感想はここ

ということで、先週の第10話では、ラストに向けて、今までのネタバレのような展開になっていた気がします。伏線回収といいますか。

大きいポイントとしては、今まで何かとキーアイテムっぽい扱いをされていた絵本が回収されたことと、ユリ裁判の秘密がある程度明らかになったことでしょうか。ただ、絵本は、あれっていうほど、秘密でも何でもなかったですね。

そして、ユリ裁判の秘密が明らかになったことに伴って(?)、るるちゃんが退場しました。それにどういう意味があるのか、銀子ちゃんと紅羽ちゃんのエピソードに集約されるのだという意思表示でしょうか。

ということで、ユリ熊嵐 第11話「私たちの望むことは」感想行きます。

どうやらオリジナルアニメのようですね。

あらすじ:公式から引用)できず

今から11年前、「ともだちの扉」を抜けた先で、紅羽は傷ついた銀子を見つけた。しかし、力尽きて倒れた紅羽を助けたのは、母親の呼ぶ声に応えて紅羽を扉まで運んだ銀子だった。

それからは紅羽と銀子は、本当に仲のよい友達だった。銀子は、この時間が永遠に続くように思われた。

しかし、「透明な嵐」が二人を引き裂いた。

銀子は、人の姿を得て、紅羽と再び友達になるために、ユリ裁判に出廷する。そして、人の姿を得る代わりに、一度好きを手放すことになる。

紅羽に忘れられた銀子だったが、好きをあきらめてはいなかった。

感想:

Yka02

ユリ熊嵐 EPISODE 10「ともだちの扉」です。

う~ん、今週も、色々と伏線の回収といいますか、ネタばらしの回だった気がします。

元々、幾原監督はカットバックを多用する人ですから、こういう展開になっても、さほど違和感がないですよね。たぶん。

それにしても、「好き」を手放すことと「好き」を諦めないことが、どういう関係なのかわからなかったのですが、今週になってやっとわかった気がします。まぁ、元々理屈で見せるものでもないと思うので、なんとなく伝わればいいのでしょうけれど。

そうはいいつつも気になることがありますよね。クマリア様の存在とか。

第1話で、元々クマリア流星群が地球に降り注いで、熊が一斉発起する切っ掛けになったということが語られました。今回のユリ裁判でも、そのことが語られました。それからしても、なんとなくかなり重要なのかもという気がします。

ポイントは、銀子ちゃんが付けていた、紅羽ちゃんのお母さんが付けていたペンダントですか。あれって星型ですよね。すると、紅羽ちゃんのお母さんが、クマリア様だなんて考えてしまいますが、どうなんでしょう。

もし、そうならば、絵本のラストがあれなので、そこに繋がるのかなと。