Kg01

幸腹グラフティ じゅうひとしなめ「ジャキジャキ、ずるるっ。」です。

『幸腹』と書いて、「こうふく」と読ませます。一言でいうと、お食事アニメです。

サブタイトルは、ずっと食感とか、食べるときの擬音とかで現されていますが、今週のやつ「ずるる」はおそらくはラーメンをすするイメージですよね。「ジャキジャキ」は、う~んなんだろう。インスタントの袋を開ける音かな?それとも、野菜炒めの野菜の音?

原作は4巻まで読んでいます。アニメ化のポイントは、このコミックの売りである食べ物を美味しそうに描くということと、ちょっとエロっぽい食事シーンでしょう。日常アニメなので、順調に時系列に沿って物語りが進んでいく感じです。

先週は、その原作の時系列を崩して、内木先生の入学直前のエピソードを就職試験ネタに作り変えてきました。

やはり、もし2期があることなどを考えると、内木先生を出しておきたかったんでしょうか。原作ストック的には、十分可能性がありますけれどね。使わなかったエピソードもありますし。

今週はその順序が入れ替わったお話、入試直前ってやつでしょう。

ということで、幸腹グラフティ 第11話 「ジャキジャキ、ずるるっ。」感想書いておきます。

4コマ漫画の原作はコミックスで既読です。

あらすじ:公式から引用

きりんだよーっ。リョウのご両親から贈りものが届いたんだ!中身はなんと……!

前にも海外から日本のお米を送ってくれたし面白いご両親だよね。ダンボール箱いっぱいに日本の香りがしたよ。でもなかなかご家族に会えないリョウは、やっぱり寂しそう。

「前より寂しいとか感じません」って言っていたけど私にはわかる!今日のリョウなんかテンション変だし……。

だから、決めた!今日は受験勉強を頑張るリョウに、私が夜食を作るんだ!頑張って母の味を再現しちゃうぞー!

感想:

Kg02

幸腹グラフティ じゅうひとしなめ「ジャキジャキ、ずるるっ。」です。

今週は、原作ですと2ヵ月分ですね。

Aパートがラーメン夜食編、Bパートが受験前カツサンド編といったところですか。どちらも、お夜食なので、夜見るとお腹が空きそうですね。食テロアニメと言われますが、まさにそんな感じです。

ところで、今週は、絵が一部のアップ以外、かなり危なかった気がします。まぁ昔ならば全然見れるレベルなんでしょうけれど、露骨な使いまわし的な動画も多かったし、やはり食事シーンが厳しいのでしょうか。いや、今週はそんなでもないはず。

ところで、リョウちゃんのご両親のお仕事は何なんでしょう?海外に赴任していますし、町レベルとなると・・・なんて真剣に考えたりはしませんが、想像すると面白いかも。

あと、椎名ちゃん、やはり当初のツンキャラが足りなかったので、せっかくの今回のキャラ崩し部分が、今一つだった気が。勿体ないなぁ。

さて、次週は最終回ですか。その前にエンドカードは、大物・蒼樹 うめ先生ですか。ご本人の特徴も出ていていいですね。