Dd1

DOG DAYS'' EPISODE 9「空の海の星鯨」です。

『DOG DAYS''』(ダブルダッシュ)です。結局、遅れながら感想を書くことにしていますが、感想として何を書くかいつも苦労しています。

でも、この『DOG DAYS』シリーズは、なんと言っても豪華な声優陣ですし、女の子が可愛いので、引き続き感想を書くことにしています。

1期から今までの感想は、ここを前にたどってくださいませ

さて、この三期ですが、最近はホンワカ展開を混ぜたり、過去物語りを混ぜたりして進んできましたが、そろそろ終盤なのでなにかありそうですね。

先週は、聖ハルヴァー王国のリーフ王子がダルキアン卿に過去話を求めたことを切っ掛けに、英雄王アデルが自分たちの過去物語りを語りました。

結局、今回は今までほとんど勇者たちが活躍していないですし、各国の姫様方もさほど活躍していないですね。

まぁ、予想では最後に竜の巫女シャルが絡む展開で何か事件があって、それを各勇者が解決するんだろうなと思いますが。

ということで、DOG DAYS'' 第9話「空の海の星鯨」感想行きます。

公式のあらすじは、あらすじムービーになるようなので、簡単にまとめておきます。

あらすじ:公式サイトから引用)できず

Dd2

空海の様子がおかしいと、竜の巫女・シャルがやってきた。

三国の領主たちは、その依頼を受けて、勇者たちを調査に向かわせることにする。シャルが操る火竜に乗って、勇者たちは空海に向かう。

そして、空海に到着した勇者たちを待っていたのは、巨大な星鯨だった。ただ、その様子は、シャルの知るものではなく、どこかおかしかった。

そして、近付く火竜は、星鯨に飲み込まれてしまう。

感想:

DOG DAYS'' EPISODE 9「空の海の星鯨」です。

まぁ、最後はシャルが絡むエピソードになるのは、なんとなくそうだろうなと思っていました。予想通りとい有漢時ですね。ただ、まさか空に昇るとは。

まぁ、地上だと登場人物が増えすぎて、何か戦(いくさ)系のイベントがあると、人をうまく処理するだけで大変になるんでしょうね。なので、竜の森とか、過去とか、すこし離れた場所でイベントを起こしているという感じもします。

そして、今回は空海ですが、またまた登場人物が増えております。空の巫女ファリーヌですか。でも、そちらよりも謎の少女アリアの方がポイントなんでしょうね。

ひょっとして、彼女が病魔を運んでいるのではなんて思っていますが、どうなんでしょう。

それにしても、星鯨は、なかなかいい感じです。まぁ、結構使われる設定ではありますけれど、デザインがちょっといいなと思いましたよ。