Kfg01

幸腹グラフティ きゅうしなめ 「グツグツ、へは……。」です。

『幸腹』と書いて、「こうふく」と読ませます。一言でいうと、お食事アニメです。

サブタイトルは、ずっと食感とか、食べるときの擬音とかで現されていますが、今週のやつ「グツグツ」はおそらくはおでんですよね。いや、関西なので関東煮なんですけれど。「へは」は、そばのお汁を飲んだ感じかな?

原作は4巻まで読んでいます。アニメ化のポイントは、このコミックの売りである食べ物を美味しそうに描くということと、ちょっとエロっぽい食事シーンでしょう。日常アニメなので、順調に時系列に沿って物語りが進んでいく感じです。

先週は、その時系列通りに、秋のイベントでした。運動会ですね。

ただ、最近私立なんかですと、秋にやらない学校も多いようです。そうすると、印象が全然変わっちゃいますから、季節感を出すのなら校外学習とかいう手もありましたか。中学では、あんまりやらないか。

ということで、幸腹グラフティ 第9話 「グツグツ、へは……。」感想書いておきます。

4コマ漫画の原作はコミックスで既読です。

あらすじ:公式から引用

椎名です。あっという間に大晦日です。今年は、特に時間の流れがはやかった気がする。町子さんや森野さん達の楽しい時間のおかげかな。

少し残念なのは、今日一緒に3人で年越しができなかったこと。町子さんが年越しを3人でって、誘ってくれたんだけど、”年末年始は家にいる”っていう椎名家のしきたりがあっ て。うちに呼べたらよかったけど、危険だから、こればっかりは仕方ない……。

でもやっぱり町子さんや森野さん達の年越しも気になるな……。町子さんたっぷりスーパーでお買い物してたし、年越しもお腹いっぱいなんだろうな~。

感想:

Kfg02

幸腹グラフティ きゅうしなめ 「グツグツ、へは……。」です。

いや、あらすじさん、今回はあまり椎名ちゃん出なかったやないのって気がしますが。確かに、危険な年越しってなんですかっていうのは気になりますが。

といことで、どうも原作のネタが一回分飛ばされた気がします。きりんちゃんが大人が苦手な回ですね。まぁ、ここにくるまで、そのネタをあまり拾ってこなかった気がするので、今週強調しておいて別にやるのか、構成の都合上の飛ばし回にするのか分かりませんけれど。たぶん、やらない気がしますね。

さて、年末なのに、あまり受験の危機感がない人達で、今週も食べてばかりでした。絵がちょっとあれなのは、シャフト恒例で、ディスクで直るってやつですね。

食べると言えば、おでんは地方で味が違うと思うのですけれど、出汁が薄味っぽかった気が。こんにゃくが三角なのは、まぁステレオタイプなんでしょうが、ちくわぶが出てきたので、関東というか東京のおでんですよね。

でも、おでんを大根から食べるのは、自分もそうですし、絶対にそれですよね!

そばは完全に醤油ベースっぽかったので、関東のお味でしょうか。それだと関西人には、あまりおいしそうに見えないんですよ。そういえば、ネギが入ってないのも意味があるのかな?

ちなみに、年越しそばの風習については、うちでも奥の方ともめました。自分はきりんちゃんと同じ年内派だったのですが、奥の方は年をまたぐリョウちゃん派でした。なので、結構あるあるで楽しめました~。

http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-2924.html