Dd1

DOG DAYS'' EPISODE 8「追憶~勇者と姫の物語」です。

『DOG DAYS''』(ダブルダッシュ)です。結局、遅れながら感想を書くことにしていますが、感想として何を書くかいつも苦労しています。

でも、この『DOG DAYS』シリーズは、なんと言っても豪華な声優陣ですし、女の子が可愛いので、引き続き感想を書くことにしています。

1期から今までの感想は、ここを前にたどってくださいませ

さて、この三期ですが、最近はホンワカ展開という感じになっていましたが、先週の引きの感じからすると、過去物語りというかんじがしますね。

まぁ、今までのパターンですと、全話の途中でそれぞれのキャラクタを深堀りするような展開が入っていたので、その流れでしょうか。

先週は、聖ハルヴァー王国のリーフ王子がダルキアン卿に過去話を求めました。その関係で、英雄王アデルが自分がやってきた過去を話すことになりました。

ということで、DOG DAYS'' 第8話「追憶~勇者と姫の物語」感想行きます。

公式のあらすじは、あらすじムービーになるようなので、簡単にまとめておきます。

あらすじ:公式サイトから引用)できず

英雄王アデルは、クーベルの祖先であるクラリフィエ・エインズ・パスティヤージュについての昔語りを始めた。

クラリフィエは、勇者召喚でアデルを召喚し、当時フロニャルドに巣くっていた魔物を討伐しようとしたのだ。姫の願いは、魔物を討伐して世界をもっと広げたいというものだった。

アデルは、クラリフィエの願いを聞き届け慣れない討伐を続ける。その闘いは、イスカとヒナをその一行に迎え、またヴァレリーをも加え徐々に世界を広げて行った。

そのクラリフィエ行動が実を結び始めたころ、彼女に異変が起きる。

感想:

Dd2

DOG DAYS'' EPISODE 8「追憶~勇者と姫の物語」です。

今週は、なかなか感動的なエピソードでした。

結局、今の平和なフロニャルドが、どうやって作られて行ったかが、うまく説明されていたと思います。ただ、この流れからすると、パスティヤージュがフロニャルドの中心になっていてもいいと思われるのですが、そういうわけでもないのですね。

まぁ、それは、クラリフィエが志し半ばで倒れたということもあるでしょうし、その志しを引き継ぐべきアデルとヴァレリーは一線を退き、イスカとヒナは隠居してしまったためでしょう。

それにしても、アデルとヴァレリーがクーベル姫の祖先ということならば、二人が結ばれたということですよね。そのあたりは、あまり説明されませんでしたが。

しかし、やはりクラリフィエがアデルと別れて一人で旅を続けた理由が、今一つわかりませんが、もうその辺りの説明はされないでしょうね。もう少し、しっかりと、その辺りのエピソードを見たかったなぁという気もします。2話ぐらいかけてもよかったのではないかな?

ということで、次週はまたホンワカエピソードに戻るんでしょうか。それとも、今期やっていない興行ネタやるとか。