Dd2

DOG DAYS'' EPISODE 6「獅子のお見合い」です。

『DOG DAYS''』(ダブルダッシュ)です。結局、遅れながら感想を書くことにしていますが、感想として何を書くかいつも苦労しています。

ただ、この『DOG DAYS』シリーズですが、なんと言っても豪華な声優陣ですし、女の子が可愛いので、引き続き感想を書くことにしています。

1期から今までの感想は、ここを前にたどってくださいませ

さて、この三期ですが、最初はシリアス展開っぽく始まったのですが、どうやら結局ホンワカ展開という感じですね。

今までのパターンですと、それぞれのキャラクタを深堀りするような展開が入る時期なので、きっとそういう展開が来るんでしょう。

ということで、DOG DAYS'' 第6話「獅子のお見合い」感想行きます。

公式のあらすじは、あらすじムービーになるようなので、簡単にまとめておきます。

あらすじ:

レオ閣下は、毎年のお見合い興行を行うことにする。

一対一の対決でレオ閣下を打ち破ることができれば、閣下が求婚の話しを聞いてくれるということなのだ。

登場する求婚相手は、次々とレオ閣下に破れていく。

そして、最後に登場した相手は、名前も出身国も隠していた。

感想:

Dd1

DOG DAYS'' EPISODE 6「獅子のお見合い」です。

今週は、レオ閣下メインのお話しでした。それと、オープニングにも登場した謎のメンバーが、お見合い相手となっていました。

まぁ、ストーリーでも秘密になっているので、ここでは明らかにしませんが、レギュラーメンバーの関係者でした。なるほど。

ということで、今週はレオ閣下とそのお見合い相手とのエピソードでした。ほとんどシンクたちは目立たないお話しでしたね。ただ、サービスシーンは必ず入るというのは、忘れませんでしたが。

それにしても、ちょっと絵が今一つだった気がします。戦闘シーンは、良く動いていたように思うのですが、何かちょっとちがったきがします。特に、最後のパーティーシーンは謙虚でした。

ひょっとして、『魔法少女リリカルなのはVivid』の準備が忙しくなったのかも。

ということで、次週が気になるところですね。