Image1

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパスです。

うちのブログでは、アニメの感想については、見ているものをすべて書いているわけではありません。例えば、今期については、『黒子のバスケ』とか『蒼穹のファフナー EXODUS』とか、見ているけれどもタイムリーに見ないとか、最初から感想を書いていなかったとかの理由で、感想を書いていないものも多々あります。

実は『PSYCHO-PASS サイコパス』もその一つで、本広総監督が好きじゃないからとか、なんだかの理由で遅れて見始めたので、感想を書き損ねていました。

でもまぁ、今回の劇場版については、これだけ単独でも楽しめるとか(本当か?)、色々理由を付けて感想を書いておくことにします。

実際は、あ、3期とかが来れば、ここから続けられるななんて思ったからだというのは、秘密です。

映画館は、都会ではなく大阪堺市で見ましたが、このスクリーンでは公開終盤ということもあって、お客さんは少なかったです。

あれ?カタログ買っていないや。

ということで、あっさり感想ですが、ご容赦を。

一応、テレビ版は見ています。雑誌の『SFマガジン』のPSYCHO-PASS特集を熟読するぐらいには、好きです。

あらすじ:公式から引用

世界は禁断の平和(システム)に手を伸ばす。
2116年――常守朱が厚生省公安局刑事課に配属されて約4年が過ぎた。

日本政府はついに世界へシビュラシステムとドローンの輸出を開始する。長期の内戦状態下にあったSEAUn(東南アジア連合/シーアン)のハン議長は、首 都シャンバラフロートにシビュラシステムを採用。銃弾が飛び交う紛争地帯の中心部にありながらも、水上都市シャンバラフロートはつかの間の平和を手に入れることに成功した。シビュラシステムの実験は上手くいっている――ように見えた。

そのとき、日本に武装した密入国者が侵入する。彼らは日本の警備体制を知り尽くしており、シビュラシステムの監視を潜り抜けてテロ行為に及ぼうとしてい た。シビュラシステム施行以後、前代未聞の密入国事件に、監視官・常守朱は公安局刑事課一係を率いて出動。その密入国者たちと対峙する。やがて、そのテロ リストたちの侵入を手引きしているらしき人物が浮上する。
その人物は―― 公安局刑事課一係の執行官だった男。そして常守朱のかつての仲間。

朱は単身、シャンバラフロートへ捜査に向かう。自分が信じていた男の真意を知るために。
男の信じる正義を見定めるために。

感想:

ちと、あらすじの引用が長かったですね。

で、自分的には、『PSYCHO-PASS サイコパス』は、SFよりもミステリの要素が強いと思っていますので、感想はなるべくネタバレしないように気を付けます。

劇場版ですが、見た印象から行きますと、単純にテレビ版の延長と言いますか、内容的には変わらないかと。確かに、映像やサウンド的には劇場版!!って感じがする部分も多々ありましたし、良く動いていましたが。

そのように劇場版は、テレビシリーズを見ていなくてもわかるとのことでしたが、あらすじを読んでいただいて分かる通り、テレビ版からの流れに沿っています。登場メンバーは、2期を踏まえていますので、できれば1期、2期とも見てからの方が楽しめるでしょう。

劇場版とテレビ版の大きな違いと言えば、宜野座さんがあまり活躍しないことでしょうか。主役は、朱ちゃんですかね。勿論もう一人の主役は、あの男なんでしょうけれど。というか、映画という限られた時間枠に収めるために、視点を絞った感じがします。

ただ結局、敵のように見える犯罪者と朱ちゃんとシュビラシステムという三者対立(?)構造は、劇場版でも変わりません。その部分が変わらないので、冒頭で書いたように、三期っていうのもあるかなという感じがします。何も決着していませんし。

ただ、シュビラシステムの輸出による世界の広がりは、知能犯ではなくテロなどとの対立がメインになって、主題が変わる恐れがありますね。実際、今回の映画は、某テロ事件にリンクする部分があって、ちょっと扱いが難しい感じがしました。

内容的には、パワーバランス的な部分は変えず、それでいて視点を絞って構造をシンプルにしているので、今までのテレビシリーズとかに比べると、ちょっと物足りなさはあります。最後のシュビラシステムの反応も、ちょっとあっさりしすぎな気がしますし。

それでも、ラスト直前のどんでん返し(?)が始まるところのドローンには、「あっ!」っていう感じにはなりました。面白かったですよ。

ということで、無駄に増えてR-15になったグロいシーンを除けば(いらないでしょ?)、それなりには楽しめました。『PSYCHO-PASS サイコパス』ファンなら見て損はないです。