Anz01

ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ- 15「旋転する罠 -Toll for the Brave-」です。

『ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ-』の2クール目です。第1クールは地球編、第2クールが宇宙編という感じでしょうか、今のところは。

1クール目の感想はここを前に遡ってください

後半戦それぞれの陣営の構成が第1話、そしてそれぞれの動きが第2話で説明されました。

後半戦でのポイントは、ヴァース帝国存亡というよりも、やはり、伊奈帆くんとスレインくんの姫殿下を巡る争いってことになるんでしょう。

ただ、蝙蝠を繰り返しながら、あからさまなスレインくんに比べて、伊奈帆側は分かりにくいですね。今週辺り、彼の戦い続ける理由でも描写されるんでしょうか。

あと、もう一人、レムリナ姫が重要だろうということが分かった先週でした。どう見ても、アセイラム皇女殿下に嫉妬してますよね。

ということで、ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ- 第15話(2クール第3話)「旋転する罠 -Toll for the Brave-」感想行きます。

作品はオリジナルですし、「A/Z REPORT」というアニメショップで配布される冊子も全く手に入れていないので、特に事前情報は持っていません。Webサイトでのキーなしで観れる情報程度です。

あらすじ:公式から引用)できず

火星軍との大規模な戦闘に備え、宇宙へと飛び立った戦艦デューカリオン。

アルドノア・ドライブの起動が可能な伊奈帆を失うわけにいかない地球軍は、彼の能力の分析を行うが、未だにその秘密を突きとめられてはいなかった。

一方、ヴァース帝国の加わり行動するスレインは、ひょんなことからザーツバルム卿の養子になることに。

そして、いよいよ火星軍と地球軍がすれ違うときがやってくる。

感想:

Anz02

ということで、『ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ-』第十五週です。

ザーさーーーーん!!

あぁ、このアニメ随一の良識人が・・・。

今週のポイントは勿論、スレインくんの行動です。あとから見返すと面白いですね。

元々、スレインくんが、なんでザーツバルム卿と手を組むんだろう、絶対に裏切るよね、なんて思ってはいましたけれど。

最初に見たときに、あの準備シーンは、てっきりスレインくんがタルシスの未来予知能力を試しているんだと思っていました。なので、ハークライトとの会話も完全に流していました。視聴者にも、そう思わせる感じで、スレインくんのモノローグが差し込まれてますしね。それが、あの仕掛けですから、ちょっとびっくりです。

まぁ、本来あれは、伊奈帆くんのオレンジを破壊するために準備されたのでしょうけれど。でなければ、ザーツバルム卿がスレインくんを養子にすることなど、予測できないですから。でも、スレインくん煽って仕掛けていましたけれどね。

ハークライトも最初は、その思惑で仕掛けの計算をしていたのでしょうが、結局それがザーツバルム卿を殺したことを知っていますよね?

どちらにしても、ヴァース帝国の改革を担っていたザーツバルム卿を殺したということは、スレインくんは、火星の民のことを本当に考えているとは思えないです。姫様第一主義ですし。

そこに付くハークライトは、貴族ではない民衆の政治を求めているのでしょうか。ならば、この先スレインくんとハークライトは、必ず袂を分かつような気がします。そうでなければ、ザーツバルム卿の思想の方がしっくりくるはずだと思うんですよ。

地球側のポイントは何ですかねぇ。

伊奈帆がアルドノア・ドライブを起動できる理由は、先週までに想像した通りでしたし、あとは北欧神話についてでしょうか。伊奈帆がオーディンだということです。ただ、だからどうしたなので、あまり考えがありません。

そうするとニーナちゃんをはじめとする女の子たちの、スカート・ジャージですかね。いや韻子ちゃんの相変わらずの射撃能力の高さでしょうか。(苦笑)

しかし、このエンディングは、このアニメに合っていないなぁ・・・。

http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-2885.html