Kk01

艦隊これくしょん 第3話 「W島攻略作戦!」です。

『艦隊これくしょん』第2週ですが、うちのブログでは、TBでもアクセス数でもダントツの一位でした、他のダブルスコアです。結構、貶した感想を書いた気もしたんですけれど、大丈夫だったんですかね~。

貶したというのは、ゲームをやっていない、連合艦隊にも詳しくない人には、恐らく全く理解できないような作りになっていたからです。もう少し、初見の方にも優しい作りにしてほしいですよね。

まぁなんとなく「深海棲艦」という敵と戦う『ストライクウィッチーズ』に近い内容のアニメかなという感覚はありますけれど。

先週は、そのような状況を補填してくれるのかなと思っていたんですが、主人公の吹雪ちゃんの成長過程を描いただけで、舞台についての説明は全くありませんでした。今週から戦いが始まりそうなので、徐々に埋まっていくことを期待しておきます。

ということで、艦隊これくしょん 第3話 「W島攻略作戦!」感想行きます。

えっと、ゲームもやっていませんし、何も前知識はありません。

あらすじ:公式から引用)できず。

W島にて敵水雷戦隊に対して、夜戦による奇襲をかけることになった。吹雪たち第三水雷戦隊は、先陣を切っておとりとなって奇襲をかける役割だった。

しかし、奇襲をかけるために待機する吹雪たちは、敵の偵察機に見つかってしまい、逆に挟み打ちにされ窮地に陥る。

感想:

Kk02

艦隊これくしょん 第3話 「W島攻略作戦!」です。

結局、世界観とか、艦隊についてとか、駆逐艦と戦艦と空母とか、もろもろは説明する気はなく、見ている間にわかるようになるでしょう?って感じでしょうか。

それはそれでありだとは思いますが、それを説明せずに視聴者を引っ張るエピソードや構成力が求められることになると思います。現状は、それよりも、キャラクタが重視されている感じでしょうか。

ということで、今週は、W島攻略作戦ということで、艦隊戦が描写されました。ただ、戦いの持つ意味といいますか、武器の強さとか、そういったものはわからないままでしたので、何が良くて何が良くないのかなどが、わからないままだった気がします。

敵の空母は、魚雷を何発も被弾して轟沈しましたが、如月は敵艦載機の一発の爆雷で轟沈してしまいました。

この如月の轟沈は、物語に深みを与えるためなのか、サプライズを加えて、視聴者を引っ張ろうとしているのかは分かりませんが、ストーリーが良く分からないので、どうにも判断しにくいです。

恐らくは、ここが一つのターニングポイントなのでしょうから、次週をお楽しみにという感じですね。

http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-2882.html