Snm01

天体のメソッド 第7話「私のなくしたもの」です。

何度も書いていますが、この『天体のメソッド』はエンディングソングのfhána「星屑のインターリュード」がいいですね。かなりお気に入りです。オリコンランキングでは、オープニングより10ランク以上上で22位でした。前の週よりも厳しそうでしたから、まぁまぁかもしれませんね。

ということだったんですが、先週は温泉回という感じで、さほど動きがない回でした。

その先週ですが、先々週の柚季ちゃんと乃々香ちゃんの関係が復旧する回を受けてのその後の仕上げって言う感じでしたか。その陰でちょっと、ノエルちゃんと汐音ちゃんに動きがあってという感じですか。

ただ、やはり幕間ですね。今週は動くんでしょうか。

では、天体のメソッド 第7話「私のなくしたもの」感想行きます。

オリジナルアニメということで、公式ページの情報以上の事前情報は持っていません。

あらすじ:公式から引用

秋も深まり、冬の足音が聞こえ始めた頃、乃々香と柚季、そしてこはるの三人は、郊外へ向かう列車に揺られていた。遠出にはしゃぐ柚季の様子に呆れる一方で、どことなく不安そうな乃々香に気づくこはる。

一方その頃、ノエルは"ケガをさせてしまった"お店のシンボル、キリゴンの立て看板を、なんとか治そうとしていたのだが、さらなる"重傷"にしてしまう。

店番をしていた湊太は、そんなノエルを見かねて、治療手術を行うと言い出すが……。

感想:

Snm02_2

ということで、天体のメソッド 第7話「私のなくしたもの」です。

う~ん、なんといいますか、今週は今まで明確には語られていなかった乃々香のお母さんがどうなったのかが語られたということで、重要な回だったかもしれません。ただねぇ、もう一つ山場を上手く作れないですね。

今までも、感動的なシーンと思われる場面がありましたが、どうも今一つ盛り上がっていない感じがします。見せ方の問題でしょうね。

どうも、誰に感情移入をしていいのかが難しいんだと思います。本来は、主人公である乃々香ちゃんに感情移入するんだと思いますが、その乃々香ちゃんの背景が秘密ということがあって、感情移入しにくくなっていて、それが盛り上がりを欠く原因になっているんだと思います。

ただし、今週で、結構説明があったように思いますので、次週からは大丈夫かも。

次回予告を見ていると、次週は、汐音ちゃんとの関係復旧のまとめの回に思えますので、楽しみにしたいと思います。