Fsn02

英語ばかりのタイトルだとTBだめみたいなので、Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #04「戦意の在処(ありか)」です。

Fateシリーズについては、自分としてはかなりファンっぽいのですが、ブログ開始のタイミングも悪くて、今までほとんど感想を書いてきていません。このシリーズの感想としては、今回が初お目見えです。

さて、今回の『Fate/stay night』は、"Unlimited Blade Works"です。このタイトルは、ゲームでの遠坂凛ルートを示すものになります。原作にはこれとセイバールート以外にもう一つ"Heaven's Feel"というルートがあって、これはどうやら新劇場版になるらしいです。テレビ版は変則2クールであることが発表されており、2クール目は、2015 年春放映になるとのことです。

先々週までが、ゲームで言うとオープニングのルート分岐前エピソードで、先週からが本格的にゲームというか物語が始まった感じですか。徐々にUBMエピソードになっていくのでしょう。

先週は、イリヤちゃん、凛ちゃんそして士郎というマスターの戦いというか、バーサーカーとセイバー、そしてアーチャーの戦いでした。どちらかと言うと、士郎は蚊帳の外でしたね。

結局、それぞれのサーバントが宝具を使ったというところで、戦い自体はドローでしたが、非常に見ごたえがありました。

では、Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第4話「戦意の在処(ありか)」感想行きます。

原作ゲームは、PC版で攻略済みです。過去のFateシリーズテレビアニメは、「プリズマイリヤ」以外は見てるはずです。

あらすじ:公式から引用

藤村に呼び出され、学校に向かう士郎とセイバー。

霊体化できないセイバーを誤魔化そうとする士郎だったが、なぜか藤村と桜が士郎の家に泊まり込むことに……

一方その頃、ガス漏れ事件の現場を訪れていた凛は、わずかに残る魔力の残滓から、キャスターの仕業であると断定する。

感想:

Fsn01

ということで、Fate/stay night [UBW] #04「戦意の在処(ありか)」です。

今まで、感想記事に公式あらすじ間に合っていなかったのですが、今週はきちんと入っていますね。今週が、表面上は幕間的な感じだからでしょうか。

しかし、見ているうちに、自分が記憶しているエピソードが、だんだんセイバールートなのか、UMB(凛ルート)なのか、Heaven's Feel(桜ルート)なのか分からなくなってきました。なので、原作ゲームとの比較はしません。

それはそうと、最初に書きましたが、今週は全般にまったりした進みで、伏線を張るというか次への準備をする回だったような気がします。

ポイントは、魔力の供給と、ある人物の登場(最初から出てはいますが)と、キャスター(魔術師)についての言及でしょうか。

もちろん、凛ちゃんの戦闘シーンはおぞましくって、綺麗で、かっこよかったのですが、先週が凄過ぎたので印象に薄いですね。

次週は、いよいよキャスターを追う感じでしょうか。っていくと、2クールフルフルだと、このままだと尺が余らないかい?