Tm01

天体のメソッド 第2話「ふたりの約束」です。

まず第1話を見てみたのですが、可もなく不可もなくというイメージでした。ただ、設定が面白そうで、興味がわいているので継続視聴しようと考えています。

絵は、そこそこ綺麗ですが、継続するかどうかがポイントでしょうね。QP:flapperさんがキャラデザらしいですが、今期は「ガールフレンド(仮)」もそうですよね。当たっていますね。

ただ、円盤のデザインと言うかイメージが綺麗でした。あの円盤が街の上というか湖の上に浮いているイメージだけで作品を作ったのではないかという気さえしてきます。

さて先週は、主人公の古宮乃々香ちゃんが街に戻ってきて、不思議な少女、ノエルちゃんと出会うというエピソードが描かれました。

ノエルちゃんが何者なのかや、乃々香ちゃんが街に戻ったにしては、周りの反応がとか色々気になりますが、まだこれからっぽいですね。

では、天体のメソッド 第2話「ふたりの約束」感想行きます。

オリジナルアニメということで、公式ページの情報以上の事前情報は持っていません。

あらすじ:公式から引用

乃々香は七年前の思い出の少女とそっくりなノエルに戸惑っていた。

しかし、それよりも遅刻しそうなことのほうが大問題。八月のうちから学校が始まることをすっかり忘れていたのだ。

学校へ向かうバスの中で、以前顔を合わせた椎原こはるが同じ学校だと知り、打ち解ける乃々香。彼女と同じクラスだとわかりほっとひと安心。

だが、クラスには、湖で辛辣な言葉を投げかけてきた少女、戸川汐音もいた。言葉の理由をたずねようとする乃々香に取りつく島もない態度の汐音。

そして放課後、乃々香たちに突然、水坂柚季という少女が声をかけてくる。彼女は乃々香が霧弥湖町に引っ越してきたことを知ると「二人で町から円盤を追い出そう!」と迫ってきた。

感想:

Tm02

ということで、天体のメソッド 第2話「ふたりの約束」です。

先週が、乃々香ちゃんとノエルちゃんの再会といいますか実質的な出会いを描いたものとしますと、今週はその脇を固めるというか、物語を進めるためのエンジンを搭載した感じでしょうか。

この登場人物たちの配置からすると、円盤とノエルちゃんの関係がキーになりそうな感じですよね。そんな中に柚季ちゃんという円盤追放急進派を放り込んで、物語を進めようという感じでしょうか。

汐音ちゃんの役割はまだわかりませんが。

それにしても、乃々香ちゃんの過去はどうなっているんでしょうか?回想が「あ、こんなこと思いだした」的に差し込まれるので、記憶を失っているのかという感じさえしますが、始業式のエピソードからすると、お父さんはそんなそぶりはなかったですから違うんですよね。

お母さんとの思い出を封印しているだけなのかな?そういう展開だと『あの花』になっちゃいますが・・・。

さて、2週目を見ましたが、やっぱりエンディングとオープニングは逆の方がいいですね。このエンディングは、結構お気に入りになっています。