Zt01

残響のテロル #8「My Fair Lady」です。

先週は、1週お休みでした。関西では、今週もお休みなんでしょうか?あっちこっちを行き来していると、こういう時には便利なんですが、どちらにしても関西の深夜アニメのスケジュールは崩れ過ぎです。(苦笑)

さて、当初はテロリストと警察の頭脳戦という感じだったこのアニメですが、頭脳戦と思ったのは視聴者だけで、どうやらサスペンスっぽい感じですね。

前回の第7話では、羽田空港の爆破テロをハイヴがナインたちの仕業に見せかけて仕掛け、それをナインたちが妨害するという展開でした。というか、途中からはリサを奪回する目的に代わっていて、爆破の妨害は柴崎さんたちの手に委ねられた感じでしたが。

今までバラバラに動いていた登場人物たちが、交わった回だったので、それなりに面白かったと思います。

ということで、残響のテロル 第8話「My Fair Lady」感想行きます。

オリジナルなので、原作はありません。

あらすじ:公式から引用

無期限の休職を言い渡された柴崎。

だが、独自に捜査を続け、テロの標的に共通して関係のある団体「新進平和塾」の関係者を訊ねる。

そのころ、ナインとツエルブはアジトを変えようとするが、古いアジトにいるリサに荷物が届き・・・。

感想:

Zt02

残響のテロル 第八話「My Fair Lady」です。

物語は、前回登場人物たちが交わったことから新局面を迎え、ハイヴ、ナイン+ツエルブの過去の秘密についてに移ってきました。

恐らくこのアニメの主眼は、その秘密がメインの謎になるんでしょう。その謎は当然ハイヴがどうしてあれだけ傍若無人な振る舞いをできるかにもかかわってきているので、すべてがそこって感じでしょうか。

まぁ、それは最初から分かっていたことですけれど、頭脳戦の楽しさよりも、どちらかというと警察ものっぽくなってきていますね。地道に足で謎を暴いていくという感じ。

柴崎さんは、もっと天才派のイメージだったんだけれどなぁ。

その縦軸に対して、リサが横軸というかねじれ軸的に関わっている感じです。今週は、またリサがハイヴに拘束されてしまいましたが、リサよりもなんだかツエルブの方が危なそうですね。

さて、プルトニウムと天才たちと孤児院っていうことになると、単純に捉えるとなんだか人体実験っぽい感じがしてきますが、時間がないという言葉やハイヴの頭を抱える様子は、その辺りに関係するのでしょうか?