Sao01

ソードアート・オンラインII 第9話「デスガン」です。

先週はOP主題歌の『IGNITE』藍井エイルの発売週でした。CDの順位はウィークリーで9位のようですが、配信は1位を獲ったりしてかなり健闘しているようです。まぁ、オープニングが欲しい人には、配信の方がいいですもんね。

『ソードアート・オンラインII』ですが、《GGO(ガンゲイル・オンライン)》での《BoB(バレット・オブ・バレッツ)》の決勝が始まりました。ここからが山場ですね。

『ソードアート・オンライン』は、川原礫さんが原作の電撃文庫の作品です。オンライン・ゲームを世界にした、仮想現実を舞台にしたアニメーションに なります。アニメーションとしては、1期に続いて、2期目ということになりますが、1期には、原作的には《SAO》編、《ALO》編とエピソードが2つ 入っていましたので、実質的には3期的な内容になると思われます。

ちなみに、1期の感想は、カテゴリを前に。番外編の感想もあります

先週は、決勝が始まるには始まったのですが、まず試合のルールの確認と、キリトとシノンちゃんがどういう関係で試合に臨むのかが中心に描かれたような気がします。

それでも、彼ら以外の決勝進出者も描かれたりして、それなりに盛り上がってきました。そして、《死銃(デスガン)》らしき人物が登場して、といういいところで次週に続くになってしましました。

では、ソードアート・オンラインII 第9話「デスガン」感想行きます。

原作は、途中まで既読です。GGO編は読み終わっています。ネタバレは、しないように注意しますが、既読者なのでご注意を。

あらすじ:公式から引用

ボロマントの男がペイルライダーを銃撃すると、まだHPが残っているにも関わらず、ベイルライダーは消滅してしまった。ボロマントの男は自らが《死銃》であると明かし、真の死をもたらすと宣言。

ストリーム中継で《BoB》を観戦していたアスナ達は、《死銃》が《ラフィン・コフィン》の元幹部であることに気付き、衝撃を受ける。

一方、キリトとシノンは、これ以上の被害が出る前に倒すべく、協力して《死銃》を追うのだが……。

感想:

Sao02

ということで、ソードアート・オンラインII 第9話「デスガン」です。

今週は、絵が少し残念な感じでした。まぁ、それは置いておきます。特に、普通に会話している部分がそうだった気がするので、戦闘シーンに人的資源を割いているという感じでしょうか。分かりませんけれど。

さて、今週のポイントは、公式のあらすじに書かれている通り、まだHPが残っているにも関わらず、ベイルライダーは消滅してしまったことでしょう。これで、とにかく何かが起こったことは間違いないですね。そこに、もう一つ伏線があったのですが、それは気付いた人だけということで。

そして、キリトとシノンちゃんが共闘することになったというのもポイントですね。ただ共闘することにはなりましたが、早々に二人が離れたすきにシノンちゃんが撃たれてしまいました。

今までは、どうもキリトを狙っているようなことを言いながら、実際にはシノンちゃんが狙われたわけです。それについて《死銃(デスガン)》はごちゃごちゃ言ってましたが、まぁ普通に考えると、遠距離狙撃で狙いやすいのはキリトだと思うのですがどうでしょう?

しかし、姿を消したり突然現れたりする《死銃(デスガン)》ですけれど、キリトのように何か仕掛けがあるのかと思いきや、あんな方法というのはズルイというか拍子抜けですよね。原作でも、ちょっとがっかりした覚えがあります。

ただどちらにしても、あの玻璃壇(はりだん)いやサーチシステムというのが今後もポイントとなりそうなので、気を付けて見ておいた方がよさそうです。

さて、絶体絶命なシノンちゃんですが、どうなるのでしょうか?