Gsn01

月刊少女野崎くん 第八号「学園の王子様(女子)の悩み」です。

今週8/27は、いよいよオープニング、エンディングソングの発売日ですね。どちらも好きなんですが、特にエンディングをフルコーラスで聞いてみたいんですよね。

さて、『月刊少女野崎くん』ですが、ますます面白いですね。ひとまず、放送を見るか録画で見て、あとニコニコ動画のニコニコ生放送でコメント見ながらもう一度見直すなんて感じでも見ています。

さてギャグアニメなので、先週のストーリーを振り返る意味がどのあたりにあるかといわれると、まぁあまり関係ないんでしょうね。

さてさて、先週は先々週みこりんがお休みだった関係もあってか、みこりんオンパレードでした。まぁ、このアニメのヒロインですから、彼女彼が出ないと、やっぱりもう一つ盛り上がりませんからね。

あと、千代ちゃんもいい感じだったので、結構うれしい限りです。

ということで、月刊少女野崎くん 第8話「学園の王子様(女子)の悩み」感想行きます。

原作は、コミックスで全巻読んでいます。最新5巻も購入済み既読です。

あらすじ:公式から引用

Gsn02

最近、堀が自分に対して冷たいと嘆く鹿島に、それはアピールが足りないからだと告げる御子柴。

押して押して押しまくれという御子柴の助言に従い、堀を執拗 に追いかける鹿島は、ある日、堀の鞄から「恋しよっ♥」を見つけてしまう。

まさか漫画の手伝いのために持ち歩いているとは知らない鹿島は勝手な勘違いをし始め……。

感想:

月刊少女野崎くん 第八号「学園の王子様(女子)の悩み」です。

今週は、堀先輩と鹿島くんを中心とした回というかんじでしょうか。ただ、ちょっと今までの中で、絵的に少し悪かったかなという感じがしました。でも、充分面白かったんですけれどね。

で、内容的には、堀先輩と鹿島くんというよりも、鹿島くんの暴走回という感じですね。一応頭はいいという設定なんですが、どうしてあんなにおバカなんでしょうか。まぁ、野崎くんもドンドンおバカになっていく一方なので、登場人物はオールでおバカですよね。(苦笑)

あ、いや、剣さんがいましたね。彼だけは、まともかもしれません。(汗)

でも、やっぱり一番のおバカはみこりんなんだろうなぁ。そして、一番愛らしいというか、ヒロイン力が高い。

まぁ、個人的には千代ちゃんが一番でしょうか。