Sao01

ソードアート・オンラインII 第4話「GGO」です。

『ソードアート・オンラインII』ですが、先週までで、一先ずの導入が終わった気がします。導入とは、死銃(デスガン)事件の説明とシノンの過去ですね。特にシノンの過去がポイントでしょうか?

『ソードアート・オンライン』は、川原礫さんが原作の電撃文庫の作品です。オンライン・ゲームを世界にした、仮想現実を舞台にしたアニメーションに なります。アニメーションとしては、1期に続いて、2期目ということになりますが、1期には、原作的には《SAO》編、《ALO》編とエピソードが2つ入っていましたので、実質的には3期的な内容になると思われます。

ちなみに、1期の感想は、カテゴリを前に。番外編の感想もあります

先週は、《GGO(ガンゲイル・オンライン)》編のヒロインであるシノンちゃんの過去についての説明回でした。ここでのトラウマが、《GGO》編の間、ずっと重くのしかかってくることになるので、説明が上手くハマっていればいいんですが、ちょっと現実世界の彼女の立ち位置があいまいな感じも。

では、ソードアート・オンラインII 第4話「GGO」感想行きます。

原作は、途中まで既読です。GGO編は読み終わっています。

あらすじ:公式から引用

菊岡の調査依頼を受け、《GGO》にログインするキリト。彼は《死銃(デス・ガン)》に自分を狙わせる方法として、《GGO》最強のガンナーを決める大会 《バレット・オブ・バレッツ(BoB)》にエントリーしようとする。

しかし初めてのゲーム世界で勝手がわからず、道に迷ってしまったキリトは、近くにいた シノンに声をかける。

シノンは、親切心から案内役を引き受け、《GGO》の世界をレクチャー。武器の選び方や、《GGO》独自のシステムである弾道予測線 のことなどを教える。

感想:

Sao02

ということで、ソードアート・オンラインII 第4話「GGO」です。

先週の感想で、ここまでで説明回は終わりです~、なんて書いた感じがしますが、そうですね。まだ、《GGO》の世界での舞台設定についての説明がされていなかった感じです。

で、先々週の感想で、今週のシノンちゃんが説明した内容を書いてしまってました。すみません。だって、今週オリジナルエピソードを加えて説明してくれるなんて思わなかったので。

先々週の説明はこんな感じ。

・狙撃手が狙撃すると、弾道が《弾道予測線(バレット・ライン)》が赤い輝線で表示されます。

これで、遠距離射撃による攻撃の優位性を下げるという感じでしょうか。そうでないと、遠距離射撃のスナイパーが優位になりすぎますからね。

・狙撃手が相手に狙いをつけると、《着弾予測円(バレット・サークル)》が緑色の円として表示されます。これで、狙いをつけるわけですが、心拍に合わせて伸縮します。

やっぱり、今週のようにエピソードで観れると分かりやすいですね。

ということで、次週から《バレット・オブ・バレッツ(BoB)》開始でしょうか。次週が一つのポイントになりますので、要注意です。

でも、結構ここまで引っ張ったので、シュピーゲルの扱いが弱くなったのが気になるなぁ。