Siw02

selector infected WIXOSS 11「あの夏は憧憬」です。

6月も中盤に差しかかり、1クールアニメは終盤に差しかかっています。ということなんですが、この『selector infected WIXOSS』は、変則2クールの噂がずっと出回っていて、結局それがどうなのか分からないままです。

オープニング映像に登場した人物との決着もまだついていないし、色々あった伏線っぽいものも、全ては回収できていないので、その可能性もあるかも、って書いてきましたが、今週辺りでその先が見えてきそうな気がしています。

先週は、遊月ちゃんが核になって、るう子ちゃんに秘密を明かしていくという展開でした。結局、遊月ちゃんの気持ちの整理は、あの二人を見ただけでなんだかあっさりとクリアされてしまいました。まぁ、もうあれ以上深く突っ込むと別のいけないアニメになりそうなので、こんなところでしょうか。

そういえば、いつの間にか遊月ちゃんがるう子ちゃんの元に来ちゃってますね。

では、selector infected WIXOSS 第11話「あの夏は憧憬」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていません。

あらすじ:公式から引用)できず

ルリグとなった遊月から、無限少女になった経緯と、繭とのやりとりを聞かされたるう子。

るう子は、その話しを聞いて、この無限少女のシステムの仕組み自体から、ルリグの少女たちを解放することを夢にすることに決める。

そして、そのために自分がバトルに勝利して夢を叶えることも厭わないと遊月に語る。

感想:

Siw01

ということで、始まりました『selector infected WIXOSS』第11話「あの夏は憧憬」です。

ところで、毎回のサブタイトル結構納得するものが多いんですが、このサブタイトルが今一つピンときませんでした。ただ、以前の映像でるう子と両親の映像が夏だったような気がしたので、それかなと思ったんですが、どうなんでしょうか?

ところで、色々あった伏線っぽいものの中で、今週結構消化された気がします。

るう子と家族の間に何があったのかとか、タマは他のルリグと違うのかとか、伊緒奈が呼びかけたバトル大会とか。大会も、あっと言う間に進んでしまいそうですね。

先週書いた残っているイベントを更新してみましょうか。

・無限少女システムの謎解き(白い部屋と繭の正体、その他全体の解明)

・るう子が見る夢の秘密(タマが暴走したような破壊夢)

・タマは他のルリグと違うようだが、タマの正体は?

・晶っきーの結末

・伊緒奈との決着

・ちよりとのバトル

・一衣の結末

後2話だとすると、晶っきーやちよりは、きっと捨てますよね。すると伊緒奈とのバトル、やるかどうかわかりませんが、それがラストですかね。でも、それだとメインの謎である繭とタマの正体が置いてきぼりになってしまいそうな。

やっぱり、変則2クールかな?

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。