Sin2

ソウルイーターノット! 10「悪夢のはじまり!」です。

はい、『ソウルイーターノット!』も第十週です。先週はぶっ倒れていて、きちんと感想が書けなかったのですが、とりあえず土曜日に穴埋めだけはしておきました。

ちなみに、元々の『ソウルイーター』のアニメ版の感想も書いています。

『ソウルイーター』の感想はこの辺り

ところで、原作は第4巻まで発売されているんですが、先週、ですでに第4巻まで使い切ってしまいました。残りは、連載分で補うんでしょうか。連載も完結していないですよね。

原作のコミックスは、『ソウルイーター』も『ソウルイーターノット!』も読んでいる原作ファンなんですが、さすがに連載まで追いかけていないので、今週からの山場はアニメ先行で見ることになります。ガガントス。

先週は、爆笑小ネタ週だったので、まぁあまり本編には絡まない内容でした。ただ、ラストの魔女については、今週からのテーマですね。

ということで、ソウルイーターノット! 第10話「悪夢のはじまり!」感想行きます。

原作は、『ソウルイーター』も『ソウルイーターノット!』も既読です。アニメ版『ソウルイーターノット』も視聴済みです。

あらすじ:公式から引用

ハロウィンを前に浮かれていたつぐみの元に実家から手紙が届く。その内容にショックを受けたつぐみは、自分の気持ちを抑えきれずめめと喧嘩をしてしまう。

気まずい空気のまま寝床につく三人。

すると、夜中に眠ったままフラフラと部屋を出て行くめめ。こっそりあとを追うつぐみとアーニャが見たものとは…?

一方、魔女への大きな手掛かりを掴んだシド、茜、クレイは魔女を捕まえるため罠を張るのだが…。

感想:

Sin1

ということで、『ソウルイータソウルイーターノット!』第十週です。いよいよ、本編が進み始めました。

本編の一つが、三人娘の関係ですね。仲のよかった三人娘ですが、つぐみちゃんとめめちゃんが争ってしまいます。三人娘の仲が壊れるそこが一つのポイントですね。

その争いのポイントの一つは、あらすじには書かれていませんが、アーニャちゃんの本当の姿です。お姫様ということが、つぐみちゃんにバレてしまうわけです。

そして、もう一つの本編が、魔女ですね。いよいよ、魔女が本格的に動き出すわけですが、魔女がどういう方法で攻めてくるかは、まぁ本編を見ていただいた方がいいですね。

そして、『ソウルイーター』が始まったときにはゾンビになっていたシド先生が、いつそうなったのかがわかりましたね。いやはや。

ということで、三人娘がバラバラになってしまったわけですが、どうやら『ソウルイーター』メンバーが次週は活躍するようですね。ただ、彼ら彼女らも、この時点ではまだまだひよっ子だったので、いったどうなることやら。