Sen01

ソウルイーターノット! 01 「死武専、入学!」です。

はい、うちのブログの春アニメ第四弾は、『ソウルイーターノット!』です。コミックス原作のアニメ化ですね。「ソウルイーター」ブランドがあるので、メジャー作品といえますが、続編ではなくってスピンアウトという扱いです。

ちなみに、元々の『ソウルイーター』のアニメ版の感想も書いています。

『ソウルイーター』の感想はこの辺り

で、なぜこのアニメの感想を書こうと選んだかといいますと、先に書いた通り『ソウルイーター』の感想を書いていたこともありますが、原作のコミックスを『ソウルイーター』も『ソウルイーターノット!』も読んでいるからですね。つまり原作ファン。

で、誰が好きかというと、やっぱりマカちゃんです。でも、「ノット!」はスピンアウトなので、彼女が主役ではありません。残念ですね。

ということで、ソウルイーターノット! 第1話「死武専、入学!」感想行きます。

原作は、『ソウルイーター』も『ソウルイーターノット!』も既読です。アニメ版『ソウルイーターノット』も視聴済みです。

あらすじ:公式から引用

Sen02

緊張の面持ちでアメリカネバダ州の空港に降り立ったのは、恋に恋する14歳・春鳥つぐみ。デス・シティーにある死神武器職人専門学校(略して死武専)に『武器』として入学するため、
はるばる日本からやってきたのだった。

期待と不安を胸に入学式に出席したつぐみは、2人の『職人』、多々音めめとアーニャ・ヘプバーンに出会う。

個性豊かな先輩たちに囲まれる環境に戸惑いつつも、“殺伐だけどウキウキライフ”が、ここにいまスタートする!

感想:

ということで、始まりました『ソウルイータソウルイーターノット!』。

それにしても、キャラクターデザインが、『ソウルイーター』のときとかなり違いますね。『ソウルイーター』のキャラデザの方が原作に近い感じがしますが、どうなんでしょう。自分的には、こうなんといいますか萌っぽいデザインよりも、『ソウルイーター』の個性的な方が好きですね。

特に、マカちゃんが違うのが、う~んという感じです。まぁ、主人公は、今回入学した新入生たちなんでしょうから、あまり気にしなくてもいいのかもしれませんけれどね。

ということで、始まりましたが、時系列的にはどの辺りなのかというところがポイントでしょうか。アニメとコミックスの『ソウルイーター』では終わり方が違ったので、変に作ると辻褄が合わなくなる可能性がありますよね。

ポイントは、先生たちですね。

ということで、三人の娘たちのいい感じのところで終わって、これからが楽しみな感じです。

ところで、オープニングは、Dancing Dollsですか。また、アイドル分野からの登場ですね。作曲が作曲なので、どうもClariSっぽい感じですが、Dancing Dollsには合わないと思うんだけれどナァ。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/40801-1057.html