Siw02

selector infected WIXOSS 01「この奇跡は兢々」です。

はい、うちのブログでのこの春アニメ第一弾は、『selector infected WIXOSS』です。

なぜこのアニメを選んだかといいますと、なんででしょうね?木曜日のアニメに他にピントくるものがなかったのもありますが、かなり重くて暗そうな岡田 麿里アニメなので、ちょっと期待してしまいました。『凪のあすから』が良かったこともあるのですが。

どうやらオリジナルアニメらしいので、前情報というのはあまりありませんが、カードバトルということだけは聞いています。

ということで、実はこの春アニメは鬱アニメが多いという噂も耳にしますが、これもその雰囲気がフツフツとしますね。サブタイトルの『この奇跡は兢々』の兢々(きょうきょう)は、こわごわとと言う意味なので、そういう感じがしませんか?

ということで、あまり前振りすることもないので、感想に行きますか。

selector infected WIXOSS 第1話「この奇跡は兢々」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていません。

あらすじ:公式から引用

転校してきてまだ友人がいないるう子は、友達つきあいのきっかけにと、兄からWIXOSS(ウィクロス)のスターターキットをもらう。

プレイヤーカードを手にすると、描かれたキャラが声を発して動き出し、驚くるう子にカードはバトルをしたいと訴える。

翌日同級生の紅林遊月から、WIXOSS(ウィクロス) のバトルをしようと声をかけられる。じつは遊月も「意志のあるカード」を持っており……

感想:

Siw01

ということで、始まりました『selector infected WIXOSS』です。

内容的には、カードバトルとのことでしたが、まぁカードバトルっぽい舞台ではありましたが、ターンを無視したりして、あまりカードバトルということには縛られていない気もしました。どうでしょうか?

ということで、見ているとWIXOSS(ウィクロス)のカードバトルというよりも、その中でも特殊なルグリカードを持つ能力者(?)selector(セレクター)による闘いを描くという感じなんでしょうか。

ルグリカードとは、「意志を持つ少女」のカードのようですが、なぜ意志を持つ少女がカードの中に存在するのか、なぜ闘っているのかなどはまだわかりません。とりあえず、バトルに3度負けるとルグリは消えるということのようです。

予想するに、『魔法少女まどかマギカ』の魔女化と同じようにバトルに3度負けると、ルグリだけでなくselector(セレクター)にも影響があるんでしょうね。

とりあえず、まず雰囲気が暗いこと、そして、主人公のるう子のルグリであるタマがすごく好戦的なことが、どうもいやな展開を想像させます。まぁ、アバンからして鬱々でしたしね。そして、るう子のあの夢ですし。

ということで、あの雑誌に載っていたアイドルもバトルに参加するのでしょうが、次週は先にあの眼鏡の娘が登場するのかな?

ところで、作画的には、このままの質を維持してくれるならば、まぁ可愛くて好きな感じです。J.C.STAFFなので、高望みはしませんが。

ただ、オープニング、エンディングは、あまり好きじゃないなぁ。オープニングはangelaっぽくて曲が悪いわけではないので、たぶんもうこの分島花音さんとは合わないんだと思います。今までの曲も好きじゃなかったし。

エンディングも今一つだなぁ。

でも、本編は好きになりそうな雰囲気もするので、継続して見ることにします。

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。