Na01

凪のあすから 第二十六話 「海の色。大地の色。風の色。心の色。君の色。~Earth color of a calm~」です。

はい、『凪のあすから』も最終回です。サブタイトルめちゃ長いですねぇ。

先週が最終回という噂もありましたが、他のアニメより一週多くやったようなイメージです。この冬では一番面白かったと思うので、一週多かろうとどうしようと、全然大丈夫です。

さて、この『凪のあすから』は、海と陸の世界を描く恋愛ものファンタジーという感じです。ただ、ファンタジーと言っても対立軸が明確に提示されて いるので、ひょっとするとそのままファンタジーの世界をメタファーにした社会物なんて思いましたが、やはり恋愛を軸にした人魚姫ものという感じですね。

ということですが、この『凪のあすから』は、2クールアニメなので、後半戦でどういう展開を見せてくれるのか非常に楽しみだったのですが、もう、久しぶりにこういう恋愛アニメ的なものに入れ込んでいます。めちゃ面白いです。

先週は、先々週に色々伏線を回収したのを受けて、ラストへ一歩踏み出したという感じでした。やはり主人公は、前半のまなかちゃんと光と違って、後半は完全に美海ちゃんですよね。その美海ちゃんが、おじょしさまの身代わりになるのかという感じで、ラストに突き進む感じです。

美海ちゃん派の自分としては、彼女に幸せになって欲しいのですが。

ということで、凪のあすから 第26話最終回 「海の色。大地の色。風の色。心の色。君の色。~Earth color of a calm~」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていません。

Na02

あらすじ:公式から引用

おじょしさまの身代わりとなって、繭に捕らわれた美海。

目を覚まさない美海を助けようとする光と紡。そんな紡の前にうろこ様が現れる。うろこ様の気持ちは海神様の気持ち。

かつて、おじょし様を愛した海神様は、陸の上に残したおじょし様の気持ちに叶うように、おじょし様の好きという気持ちを奪った。

感想:

ということで、第26話最終回 「海の色。大地の色。風の色。心の色。君の色。~Earth color of a calm~」です。

この秋冬のアニメでは、なんといっても、このアニメが一番面白く、見るのを楽しみにしていたような気がします。

何が面白かったのかというと、何なんでしょうね。他のアニメと何が違うかと言われると、何かが飛び抜けてということもなかったような気もします。

P.A.WORKSということで、いつもながらに絵が綺麗だったということもありますが、絵についてはブリキさんのキャラデザが、好き嫌いが分かれそうな気がします。

Na03

それでも人気があったのは、全体を通しての物語りの構成がしっかりしていたことが大きい気がします。興味を最後まで継続できたということですね。

特に、2クールの1クール目と2クール目で、語り部というか主役を変えるというのは、珍しかった気がします。まなかちゃんのキャラがちょっとくどかったので、美海ちゃんに変えたのは正解だった気がします。

そういう感じで、一人一人のキャラクターがハッキリしていたのも良かったです。

自分は美海ちゃん派だったのですが、登場人物の誰に感情移入しても、継続して楽しめたと思います。

ということで、最終回ですが、最終回ばかりは、物語りを着地させないといけません。なので、美海ちゃん派の自分としては、ちょっと物足りない最終回でした。もっと美海ちゃんを中心に破滅に進むか、美海ちゃん中心にハッピーエンドになることを期待したんですが、王道のまなかちゃんエンドでした。まぁ、光×まなかちゃんを期待していた人には、いいラストだったんでしょうけれど。

そして、全体を通しての軸となっていた骨格ですが、海神様の勘違い(?)だったというのが、素敵でした。それに海神様が気付くことで、世界が救われたわけですが、綺麗に着地していましたね。

そして、その勘違いも含めて、全体のテーマである「誰かを好きであること」ということが上手く描かれていたと思います。

先週の予告で話題になっていた後ろ姿は、実は美海ちゃんではなくおじょし様だったというのは、ちょっと意外でしたが。

まぁ、結局光を巡る好きについては、『三つ葉の結びめ』の歌詞のままに終わったような気がします。

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。