Saki01

咲 -Saki-  全国編 第11局「脅威」です。

ところで、『咲 -Saki- 全国編』って、2クールなんですね。でも、原作の量からいくと、2クールも作れないんじゃないかな。といいつつも、結局1期も『阿知賀編 episode of side-A』も原作が足りない中で、作りきっちゃいましたよね。でも、原作の進み具合からすると、決勝戦は絶対に入らない気がするな。それは映画だとか。(妄想)

ということで、今週もやってきました『咲 -Saki-  全国編』です。熱血美少女麻雀アニメですね。この冬のアニメでは、これを一番の楽しみにしています。

『咲 -Saki-』にしても、そのスピンオフの『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』にしても、かなりなスロースターターでした。でも後半になると、『咲 -Saki-』、そして『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』と、非常に燃える展開で楽しませてくれました。なので、今回も期待していますです。実際、大会が始まって、面白くなってきましたね。

ちなみに、今までの感想はここを遡ってくださいな

前回は、大将戦で、宮守女子高校の姉帯 豊音の活躍のシーンでした。結構長く活躍シーンをやりましたね。とはいえ、彼女の上りには、爆発力や支配力が感じられないので、あまり怖くないというか、地味ですよね。今週は、他のメンバーがどう挽回するかですね。

とはいえ、今週は姫様の寝姿が可愛かったので、キャプってみましたよ~。

ということで、咲-Saki- 全国編 第11話「脅威」感想行きます。

原作は、『咲 -Saki-』も『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』も『シノハユ』も『咲日和』も既読です。アニメ版『咲 -Saki-』も『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』も視聴済みです。

あらすじ:公式から引用)できず

そしてついに大将戦も後半戦を迎え、姉帯 豊音の活躍で宮守女子高校がトップにたっていた。

しかし、それにストップをかけるメンバーが現れた。それは永水女子高校の石戸 霞だった。彼女は自分に神を降ろすことで、場を支配し絶一門を作り出していた。

しかし、その能力にも対抗するものが現れる。姫松高校の末原 恭子と清澄高校の宮永 咲だった。

感想:

Saki02

ということで、大将戦も後半戦を迎えました。

ここでまず活躍し始めたのは、先週活躍しまくった姉帯 豊音ではなく、永水女子高校の石戸 霞でした。永水女子高校のエースである神代小蒔に一番似ていて、彼女に降ろしてはいけない、邪悪な神をも降ろして受け入れる能力の持ち主らしいです。

まぁ、邪悪な胸をしているのは間違いないですね。

その能力は、絶一門。ただ、同じ種類の牌を集めるということのようなので、麻雀が強いのかどうかは分からないですね。玄ちゃんもドラが自然に集まっていましたが、上がれるわけではなかったですから。

ということで、正統的な麻雀の力を使って彼女に対抗したのが、末原ちゃんですね。

彼女の分析力は、ごもっともという感じで、いい感じでした。対戦の途中で、のどっちが何か感じたのは、咲が末原ちゃんを警戒した瞬間だったような感じがしましたが、どうでしょうか。

そして、Bパートからは、もう咲無双でした。槓を使って縦横無尽に暴れまくる感じで、もう誰にも止められませんね。

それにしても、最後の能力爆発させた槓でありながら、嶺上開花(りんしゃんかいほう)ではないというのは、どういうものなんでしょう。気になりますね。

さて、咲が暴れまくると物語りは面白くなるんですが、今までほどもう一つ盛り上がっていない感じがします。考えるにどうも試合になっていないからではないかという感じがします。

ゲームとして場の4人で競い合うシーンがないのと、BGMが盛り上がっていないのでそう感じるんでしょうか。

その辺りをどうにか改善して欲しいところですね。スキル的に末原ちゃんが活躍すれば大丈夫なんでしょうが。

http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-2549.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/-saki-32311-997.html
http://burninglegend10.blog.fc2.com/blog-entry-418.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2014/03/saki2-11.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。