Gs02

銀の匙 Silver Spoon 秋の巻 第十話「夢」です。

実写映画もそれなりに好調なんですかね。アニメの方は、そろそろラストが近づいている感じで、ラストがどうなるのか気になりますね。

2期と言っても、1期目が始まるときから1月から2期があるということだったので、変則2クールって感じですね。なので、タイトルも『銀の匙 Silver Spoon』はそのままで、サブタイトルに「秋の巻」がついています。

第1期の感想はここを前にたどってください

さて、『銀の匙 Silver Spoon』は、少年サンデーで連載中の「鋼の錬金術師」で有名な荒川 弘さんのコミックスが原作です。例えるならば、青春酪農マンガでしょうか。

第1期のエピソードとしては、八軒の成長物語りを子豚の豚丼を通して描いたといった感じだったでしょうか。物語りとして、綺麗にまとまっていたと思 います。キリも良かったと思いますし。

先週は、駒場の退学問題と、御影の引継ぎ問題がメインで語られました。駒場については仕方がない部分がありますが、辛いですよね。そして、御影については、それを受けてということにてりますが、今週に引き継がれています。

ということで、銀の匙 Silver Spoon 秋の巻 第10話「夢」感想行きます。

あらすじを公式から引用します。原作は既読ですなので、ネタバレをしてしまう可能性があります。ご容赦を。でも、最新刊は、まだ家族に見せてもらっていません。読みたいです。

あらすじ:公式から引用)

Gs01

とうとう家族に想いを打ち明ける御影。

大学を目指す御影の勉強を見はじめる八軒だが、思うように成績は伸びず…。

感想:

『銀の匙 Silver Spoon』は、HPの煽りからすると、酪農青春グラフティーということですが、まぁ八軒の成長物語りと捉えて、大凡間違いではないと思います。

いや、あらすじ違うだろうって感じですね。御影の成績が伸びないなんてやってないし。(笑)勉強が好きでなくって勉強しないっていう描写はありましたが。

さて、先週は御影が家族に対して家を継げないと語るところで終わったんですが、今週はその続きではなくもうエゾノーに戻ったところから始まりました。肩すかしを喰らったような印象ですが、今週の構成を考えると良かった気がします。

まぁ、駒場の問題とは違い、全体にコメディーと未来に向けての明るい話題的にまとまっていたので、どういう構成になっても楽しめたかもしれませんが。

結果として、御影の問題だったものが八軒の問題として置き換えられたように見えます。

八軒がどう御影に力を貸すか、八軒が実家にもどってどうなるかということですね。というより、八軒リア充でよかったねというかんじですか。(苦笑)

ということで、次週は最終回ですか。

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。