Ck01

中二病でも恋がしたい!戀  Episode XI「青き月の・・・最終決戦 ( ブルームーン・ラグナロク )」 です。

恐らく、このアニメも1クールだと思うので、もうそろそろ追い込みではないかと思います。この二期のタイトルが「戀」なので、それに関係した内容になって来ていますね。

さて、このアニメを選んだ理由というのは、ただ単に一期を見ていたのと、うちの娘さんが好きらしいのでです。いつの間にか息子さんもお気に入りのようです。ちなみに、原作は未読です。

1期の感想は、ここを前にたどってくださいまし

先週は、七宮ちゃんが自分の気持ちに気付いて、それを一人で上手く昇華させようとしますが、消化しきれず、ついには勇太にまで気付かれてしまうという展開でした。辛いですねぇ。とはいいつつ、二期でやりたかった展開はこれなんでしょうから、上手くまとめてほしいところです。

ということで、中二病でも恋がしたい!戀 第11話「青き月の・・・最終決戦 ( ブルームーン・ラグナロク )」感想行きます。

原作は未読です。

あらすじ:(公式から引用)

度々出かける六花だったが、体調が悪くなってもそれは続いていた。

心配する勇太にも、目的については口を噤んでしまう六花。

一方、勇太への恋心に気付いた七宮は、勇太に戦争を仕掛ける。

感想:

Ck02

さてさて、どんどんと、どんどんと「恋」の物語りになっていく展開です。

ただそれは、どちらかというと六花ちゃんの恋物語を狂言回しにして、七宮ちゃけんの気持ちを浮かび上がらせるというか、強調するという感じの展開ですね。

とはいえ、その描写もまぁ『中二病』らしいといえばらしい展開になっていると思います。闇炎龍(?あんえんりゅう)とか、まさに中二病というスタイルでのエピソードで構成されていていい感じですね。

ただ、その分そういう展開に感情移入できなければ、乗り切れないままなんじゃこりゃになりかねないと思います。

一期については、六花ちゃんの中二病の世界を現実の世界側に持ってくる種明かし的な展開があったので、まだハードルが低かったんですけれど、この二期では現実を中二病の世界に寄せているような感じなので、余計に引っかかる人がいそうです。

それにしても、やっぱり森夏ちゃんはいい娘ですね~。なんであそこまでいい人なんだろう?やはり、本当は勇太のことが好きなんじゃないのかなぁなんて思っていますが。

さて、今週でひとまず大団円っぽくまとまったような気がしますが、あと一週ありますね。何をやるんだろう?

http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-2544.html
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-1589.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/tokyomx31911-11.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-1351.html
http://blogs.yahoo.co.jp/japantraveler88/12733238.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。