Ng01

ノラガミ 第10話「忌むべき者」です。

さて、『ノラガミ』の原作は、月刊少年マガジンに連載されているマンガです。コミックスで読んでいます。内容的には、一応伝奇物という感じになるのでしょうか?

原作のあだちとかさんは、この『ノラガミ』の前に連載していた『アライブ-最終進化的少年-』がアニメ化発表の後、突如として中止になった経緯があるので、ようやく念願かなってという感じでしょうか。ちなみに、あだちとかさんは、女性ですね。

まぁ、女性の描く少年マンガということで、特徴としては綺麗な絵とちょっと痛みのあるストーリーが特徴です。

先週は、雪音の悩みというか夜トと雪音の関係が整理された回でした。かなりいい感じで、話が整理されて、上手くまとまっていたと思いました。絵もなかなか綺麗だったし、いい感じで一段落ついたと思います。

そうすると、今週からは、オリジナル編に向かうということでしょうか。

ということで、ノラガミ 第十話「忌むべき者」感想行きます。

あらすじを公式から引用しておきます。ちなみに、原作は既読ですので、ネタバレしないように注意はしますが、ぽろっと書いてしまう可能性があります。なぜか10巻はまだ未読です。

あらすじ:公式から引用

年末年始を迎え初詣に出かけたひよりは野良と遭遇してしまう。

不敵に笑う野良は面を付けた妖を使い、ひよりを突然襲ってきて・・・

感想:

Ng02

ということで、『ノラガミ』第10話「忌むべき者」です。

今週から、オリジナル展開になってくるという噂だったので、どうなのかなと思っていたんですが、やはりオリジナルでした。ただ、全部が全部そうだというわけではなくって、原作であったエピソードをベースに作ったような感じがしますが、どうなんでしょう。天神のシーンは、原作でもありましたよね?

あと、まぁ、野良がひよりを嫌うのも原作通りなので、大きくは原作の流れの中なのかも。ただ、蠃蚌(らぼう)はオリジナルキャラクタですよね。

どうやら、あだちとかさんが、このエピソードや蠃蚌のキャラクター造形には力を化しているようなので、原作とは辻褄を合わせてはくれそうです。

ということで、やはり毘沙門編をやると、それだけで1クール使いそうな内容なので、オリジナル編でまとめて、2クール目を待つという感じでしょうか。

物語りとしては、先週の雪音のエピソードが秀逸だったこともあり、ちょっと間延びしているかなという感じです。絵もかなり今一つだったし。

次週に向けては、ひよりが夜トのことを忘れているのが、どうしてなのかというところがポイントなんでしょう。野良が縁を切ったのかどうかというところでしょうか?

ただ、夜トに名前を呼ばれなくても神器としての力を出せるのかどうか分かりませんが。

あ、一線はできるのだから、切れるのかな?

http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-1327.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/tokyomx30910-a2.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。