Gs01

銀の匙 Silver Spoon 秋の巻 第八話「八軒、咆える」です。

実写映画が始まるということで、色々露出が多くなっているようですね。というか、アニメをやっていることはあまり語られていないので、関係ないか。

2期と言っても、1期目が始まるときから1月から2期があるということだったので、変則2クールって感じですね。なので、タイトルも『銀の匙 Silver Spoon』はそのままで、サブタイトルに「秋の巻」がついています。

第1期の感想はここを前にたどってください

さて、『銀の匙 Silver Spoon』は、少年サンデーで連載中の「鋼の錬金術師」で有名な荒川 弘さんのコミックスが原作です。例えるならば、青春酪農マンガでしょうか。

第1期のエピソードとしては、八軒の成長物語りを子豚の豚丼を通して描いたといった感じだったでしょうか。物語りとして、綺麗にまとまっていたと思 います。キリも良かったと思いますし。

先週は、嵐の前の静けさといいますか、八軒と御影の初デートでした。いや、それよりも、駒場の高校野球の試合での奮闘ぶりがメインだったかもしれません。いろいろとニヤニヤしながら見れたのですが、それが続かないのは原作を読まれていたら分かるところですが、まぁ今週見てからですね。

ということで、銀の匙 Silver Spoon 秋の巻 第8話「八軒、咆える」感想行きます。

あらすじを公式から引用します。原作は既読ですなので、ネタバレをしてしまう可能性があります。ご容赦を。

あらすじ:公式から引用)

野球の全道大会は終わるが、駒場は登校してこない。心配するクラスメートたちの前に現れたのは意外な人物だった…。

感想:

Gs02

『銀の匙 Silver Spoon』は、HPの煽りからすると、酪農青春グラフティーということですが、まぁ八軒の成長物語りと捉えて、大凡間違いではないと思います。

ということで、まぁ勘のいい人ならみな気付いていたとは思いますが、今週は駒場が実家の農場の破産で学校をやめることになるというエピソードでした。おまけに、御影の実家がその借金の保証人になっているというおまけ付き。

ただ、それでどうして駒場が学校をやめて働くのかというのが、どうしも納得できないのですが、まぁ駒場の意見は家では強いんでしょうね。

その2年間があっても、借金の状態はさほど変わらないとは思うんですけれどね。というか、学校に行っても、部活をのんびりやっている暇はなくなるんでしょうから、それならば学校に行く必要はないということなんでしょうか。

ということですが、八軒は今度は逃げずにぶつかって行く覚悟のようですね。

http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/silver-spoon306.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。