Zz01

世界征服~謀略のズヴィズダー~ 第8話 「ハヤブサは舞い降りた」です。

インフルからも復活してきて、後は菌が抜けるのを待つだけでしょうか。

この冬の「オリジナル」アニメでは、最も期待していました。しかし、世界観というか何をやりたいのかが見えてこないので、少し停滞している感じがあったのですが、ようやく本編になってきたというところですかね。

監督が岡村天斎さんで、キャラクターが黒星紅白さん、制作がA-1 Picturesで、TYPE-MOONが絡んでる(?)って感じでしょうか。期待は、岡村天斎さんと黒星紅白さんの部分です。

まぁ、内容的にはギャグっぽい印象があります。どうやらラストはともかく、当面はギャグで展開されるようですね。もっと、ストーリーアニメなのかと思っていました。

先週は政府機関「ホワイトライト」の登場によって、抗争関係が明確になってきて、ようやく物語りが始まった感じですね。ただ、物語りが進んでいくに従って、なんとなく主人公たちの影が薄くなっているのが気になりますが。

ということで、世界征服~謀略のズヴィズダー~ 第8話 「ハヤブサは舞い降りた」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていません。

あらすじ:公式から引用)できず

家出中の中学2年生である地紋明日汰は、今日も世界征服を目論む秘密結社「ズヴィズダー」での闘争を続けていた。

そんな「ズヴィズダー」と対立する政府機関「ホワイトライト」は、支援を受ける東京都軍からの追求で、ついに指令自らが「ズヴィズダー」討伐に乗り出すことになった。

ロボ執事のイベントを罠に「ズヴィズダー」を追い詰める指令。遂に「ズヴィズダー」は、その本拠地を知られてしまう。

感想:

Zz02

ということで、今週も始まりました『世界征服~謀略のズヴィズダー~』の第8話です。

う~ん、どうなんだろう。ちょっと今までと色が変わったかなぁ。

ロボ執事のネタは、今まで通りの温度だったと思うんですが、それ以外が結構変わっていましたよね。まさに「温度」がなんですが。

一番違っていたのが、今までビルが壊れようと銃撃戦があろうと、人が死んだり、大きく傷ついたりするところがなかったのが、明らかに死を意識させるようなシーンがあったことですね。

やはり「ズヴィズダー」には、そういうシリアスは似合わないと思うんですが、終盤にかけてもずっとシリアス模様だったので、ちょっと、かなり違和感でした。

もう一つ、シリアスになったためか、主人公である明日汰やケイト、そして蓮華ちゃんがほとんど蚊帳の外に置かれていたのが気になります。

こうなってしまうと、物語りとしては興味深い展開をしているんでしょうが、「ズヴィズダー」というアニメとしては面白くないんですよね。心配だ。

ただ、Cパートでメインの賑わし役であるヤスが何かやらかしてくれそうなところが示されたので、次週に期待したいと思います。

ということで、次週も「我らがズヴィズダーの光をあまねく世界に!」

http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-1298.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。